僕のヒーローアカデミア197話ネタバレ!【第一戦決着!勝利チームは?】

3 min 18 views

2018年9月10日発売の週刊少年ジャンプ41号掲載。

2021年4月からアニメ放送も始まる僕のヒーローアカデミア第197話「”個性”ドンパチ大応酬」のネタバレ記事です。

ジャンプでワンピースに並ぶ看板漫画として先頭を走り続ける本作。

単なるバトルだけでなく、丁寧な心理描写、人間の成長など、様々な要素が描かれており、物語としての説得力の強さも特徴的な漫画です。

今回も前回のあらすじからみていきましょう!

第190話 第191話 第192話 第193話 第194話
第195話 第196話 第197話 第198話 第199話
第200話 第201話 第202話 第203話 第204話
第205話 第206話 第207話 第208話 第209話
第210話 第212話 第213話 第214話 第215話

前話(196話)のあらすじ

A組は切島・口田、B組は円場がそれぞれ捕縛され、状況としてはA組が不利。

相手には実力者である塩崎を含む三名が待ち構えており、一筋縄ではいきそうもありません。

しかし、ここで梅雨ちゃんがある策を提案。

心操+A組の第一戦、勝つのはどちらでしょうか。

僕のヒーローアカデミア 197話「”個性”ドンパチ大応酬」のネタバレ

梅雨ちゃん分身?

獣化した宍田の「嗅覚」による索敵能力の高さに目を付けた梅雨ちゃん。

そこで、今まであまり使用の機会に恵まれなかった「毒性の粘液」を用います。

心操、上鳴の二人に粘液を塗布することで「匂い」を上書きし、宍田の鼻を誤魔化そうという狙いですね。

そしてこの狙いは見事に成功。

宍田らは混乱します。

しかし、相手が誰であろうと、規格外の攻撃範囲を持つ塩崎には関係のないこと。

長距離射程であろう技「ヴィアドロローサ」により、A組の三人を無差別に捕縛する強硬手段に出ます。

第一戦最後の攻防

塩崎の「ヴィアドロローサ」によって、A組の一人が捕縛された様子。

引きずり出されたのは上鳴でした。

宍田に付着したポインターに向かって放電を試みますが、鱗飛竜の個性「鱗」に阻まれ、塩崎のツルによって完全に捕縛されてしまいます。

しかし次の瞬間、ボイスチェンジャーによって鱗飛竜の声で話しかけた心操により、塩崎は洗脳状態に掛かります。

ここから一気にB組の連携は瓦解。

心操のボイスチェンジを警戒した宍田が「喋らない」という手段をとったことで、コミュニケーションの難が発生

宍田はとにかく相手の下へ向かいます。

心操vs宍田のマッチアップ。

心操はイレイザーヘッド直伝の「操縛布」によって宍田を足止め。

梅雨ちゃんが鱗飛竜を宍田の下へと吹っ飛ばし、互いに気を失ってゲームセットとなりました。

決着

鱗飛竜は梅雨ちゃんにぶっ飛ばされた際、「避けろ黙示録!」と、先ほどまでの鱗飛竜しか知りえない情報(地味に気の利いた機転)を用いて話しかけましたが、心操を警戒しすぎるあまりに視野が狭くなり、その声を無視。

決着の直接の要因は、心操の存在によるコミュニケーションエラーだと言えます。

こうして、初戦は心操+A組の勝利となりました。

僕のヒーローアカデミア 197話「”個性”ドンパチ大応酬」感想と考察

今回の記事、いかがでしたか?

心操くんの強さは言わずもがな、梅雨ちゃん・上鳴の二人が実践を経て着実に成長している様子が伝わりましたよね。

しかし、B組の面々も非常に強力でした。

塩崎を筆頭に、心操君の存在以前にコミュニケーションに難のある面々ですが、それでも個の強さによって序盤は終始ペースを掴んでいましたよね。

初戦にして物凄いボリュームと熱さ。第二戦以降にも期待に胸が高鳴りますね!

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

アニメ第5期は、マンガの21巻ぐらいから

引用:ジャンプ+

2021年4月から僕のヒーローアカデミア第5期が放送されましたね。

そこでアニメ第5期は、原作マンガの何巻ぐらいなのか紹介したいと思います。

第5期は、原作マンガの21巻ぐらいからですね。

アニメの続きが少しでも早く知りたい方は、単行本21巻(189話~200話)から読んでみてください。

話数ごとに読みたい方は、190話~191話ぐらいから読むといいですよ。

僕のヒーローアカデミアを無料で読む方法

ネタバレを紹介しましたが、やっぱり絵が付いた状態で読みたいですよね~。

そこで、おすすめの方法を紹介します。

単行本を無料で読むなら「U-NEXT」がおすすめ

引用:U-NEXT

U-NEXTは、31日間の無料期間があるのでその間アニメや映画、ドラマを見放題!

しかも、無料登録後すぐに600ポイント貰えるので、それでマンガ(電子書籍版)を購入することが可能。

実質、0円でマンガだけでなく、アニメまで楽しめるのでおすすめです。

最新話を読みたい方は「ジャンプ+」がおすすめ

引用:ジャンプ+

「ジャンプ+」は、週刊少年ジャンプの電子書籍版です。

スマホアプリやパソコンでジャンプ作品を好きな時に読むことができます。

定額購買【 980円/月 】することで毎週最新号のジャンプを読むことができますよ。

紙媒体のジャンプをコンビニなどで購入する場合、1冊230円~300円ぐらいです。
※付録や合併号などで価格が変動します。

なので、大体1ヶ月分で【4冊✖ 250円=1,000円】になります。

価格は、特に変わりませんが買いに行く手間がありませんし、特別編集増刊の「少年ジャンプGIGA」も追加料金なしで読めるのでメリットは多いですよ。

また、「ジャンプ+」でしか連載していない作品もありますし、無料で読めるマンガもいっぱいあるのでインストールしてみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です