異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術46話

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術46話のネタバレ!【老兵の正体】

5 min 18 views

2021年4月からアニメが始まることが決まりました!

水曜日のシリウスで連載中の異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第46話「新しい街へ行ってみるⅢ」のネタバレ記事です。

今回の話では、老兵の正体が明らかになります。

明らかに激戦を潜り抜けて来た猛者と言う雰囲気ですので、きっと物凄い強者なのでしょう。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第45話全話一覧第47話

前話(45話)のあらすじ

聖騎士隊の者が仲間を連れて絡んできたので、ディアヴロは受けて立とうとしたところサンドホエールと言う魔獣が出現しました。

ディアヴロは対抗するために多重魔術を発動させて倒そうとするも倒しきれず、そんな中何処かからか斬撃と銃撃が飛んできて、サンドホエールに命中するとサンドホエールは撤退したのです。

そして槍を手にしている老兵がディアヴロ達の前に現れました。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術46話「新しい街へ行ってみるⅢ」のネタバレ

聖騎士長と領主

老兵はディアヴロの元に行き、先程の魔術を放ったのはお前かと聞き、ディアヴロは彼から威圧感を感じていました。

そうしたらディアヴロに殴られた聖騎士隊の者が立ち上がると、この人は自分達のリーダーである聖騎士長のバドゥタだと偉そうに言います。

ディアヴロは先程の質問に答えるかのように、先程の魔術は自分のだがバドゥタこそ何か放っただろうと言います。

バドゥタはあれはセブンスターブラストだと言うと、ディアヴロはその技がレベル130の技だからレベルは130だと察し、もし戦うなら厳しいなと思っていました。

ルマキーナが前に出ると自分は聖騎士隊と言う部隊を作るように命じた覚えはないが、これはどういう事だと言います。

バドゥタはルマキーナの幼少期を知っているため、彼女を見てルマキーナ本人だと気づき、部下達に頭を下げるように言い、自分自身も頭を下げたのです。

そんな中、飛翔魔術が付与されている深紅の翼と魔銃を手にしている女性が現れ、バドゥタに対して詐欺師呼ばわりします。

バドゥタは女性否ラムニテスに対してルマキーナを侮辱するなら容赦しないと言い、ラムニテスは態度を改めるつもりはありませんでした。

レムはまるで王様みたいだと言い、ディアヴロも一応王への忠誠があったガルフォードと違い、ラムニテスは王様みたいな態度だと思い、関わりたくないとも思っていました。

平行線

ルマキーナはラムニテスに詐欺師とはどういう事だと聞くと、ラムニテスはろくなことが出来ないのに金をとるような真似をされては困るし、どうしてもしたいなら税を払えと言います。

元々教会は無税だと決めたのは王様だと言うも、ラムニテスは文句があるならここに王を連れて来いと言います。

ルマキーナはラムニテスの言い分は分かったが、民が苦しんでいるのをほっとくのかと言うとラムニテスはそもそも税を取り立てているのはバドゥタだと言います。

バドゥタはラムニテスが何から何から税を払えと言うから信者に払ってもらうしかないと言い、ルマキーナも自分達は神様じゃなくて神を信じる者だと言います。

ラムニテスはルマキーナに魔銃を向け、本当に神の加護があるのか試すと言って放とうとするが、その前にバドゥタが邪魔をしたので事なきを得ます。

この事からラムニテスは結局は誰も神を信じていないのだなと言うと、ルマキーナは神様は武具ではないし、ラムニテスが考えるような浅はかな存在ではないと言い放つ、彼女はカチンと来ます。

続けてルマキーナはもしラムニテスが悪事を働けばその報いは本人か子孫が受け、そして自分はラムニテスの手で命を落としたとしたら自分は神に呼ばれたから、罪を裁かれたからに過ぎず、神がする事は自分も誰にも分からないと言い放ちます。

対するラムニテスはいるか分からない神に頼るのは愚か者であり、もし災いが来るとすれば自らの手で振り払うのみだと言い放ちます。

それから奇跡はあると言うルマキーナと、税を払えば商売として認めると言うラムニテスの意見は完全に平行線を辿ります。

狙い

バドゥタは間に入ると、ラムニテスにそもそも何をしに来たのかと聞くと、彼女はサンドホエールに対して魔術を使った者に用があったと言ったのです。

ディアヴロは完全に自分の事だと思っていて、バドゥタも彼女の狙いを察したのか敢えて知らない振りをします。

ディアヴロは一応もし見つけたらどうするのかと聞くと、使えそうなら部下にするが、従わないなら力の差を教えると言い放ち、最後に日を改めて来ると言って砂船を捕まえた部下達の元に去っていきます。

しかし、ディアヴロは彼女が魔術を放ったのは自分だと気づいているなと感じていたのです。

そして一行は取りあえず屋敷へと向かいますが、ディアヴロは初日から色々あったと溜息をついたのです。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術46話「新しい街へ行ってみるⅢ」の感想と考察

本当に溜息がつきたくなりますよね。

自分のダンジョンがあって、サンドホエールが出現して、バドゥタやラムニテスが現れて、しかもラムニテスに目をつけられてしまったので、溜息どころか疲れも出ちゃいますよね。

次回、屋敷に向かいますがきっと寂れているのでしょうね。

マンガ第46話は、単行本の10巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第46話」は、単行本の「第10巻」に収録されていますよ。

単行本第10巻には、第45話~第49話まで収録されています。

「第46話」の続きを読みたい方は、単行本「第10巻」から手に取ってみてください!

第10巻:目次
  • 第45話「新しい街へ行ってみるⅡ」
  • 第46話「新しい街へ行ってみるⅢ」
  • 第47話「新しい街へ行ってみるⅣ」
  • 第48話「追いかけてみるⅠ」
  • 第49話「追いかけてみるⅡ」

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」アニメ第2期は、どこから?

引用:YouTube

2021年4月から「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」のテレビアニメ第2期の放送が決まりましたね。

そこで、アニメ第2期が原作マンガのどこらへんの内容から始まるのかを紹介したいと思います。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」アニメ第1期は、2018年7月から全12話放送されています。

第1期が単行本の「第8~9巻」(40話前後)ぐらいまで消化しているので、

第2期は単行本「第9巻」 (41話~) あたりから始まるのではないでしょうか。

なので、第2期の内容をすぐにでも知りたい方は、単行本の第9巻から読んでみてください!

ただ、テレビアニメになるにあたり内容が編集されマンガの内容と異なることが多いのでその点はご了承ください。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • TBS:4月8日より毎週曜深夜1:28~
  • BS₋TBS:4月17日より毎週土曜深夜2:00~
  • TBSチャンネル1:4月17日より毎週土曜深夜1:30~

【主題歌】

  • OP:「EVERYBODY! EVERYBODY!」/ 歌:芹澤 優 with DJ KOO & MOTSU
  • ED:「YOU YOU YOU/ 歌:芹澤 優 with DJ KOO & MOTSU

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事