『キングダム』273話「趙軍の指揮官」

4 min 120 views

『キングダム』は、『週刊ヤングジャンプ』にて連載中の歴史バトル漫画。

2020年12月で、コミックス累計発行部数が7000万部を突破している大人気作品です。

古代中国を舞台に、大将軍を目指す主人公の信とその仲間たちの繰り広げる物語。

始皇帝が治めた国として有名な秦の国が、中国を統一していく姿を描いています。

アニメや実写映画も制作されており、2021年4月からは第3期アニメも放送されます。

ついに始まった函谷関(かんこくかん)の戦い。

ひょう公将軍に続き出陣する信たちは?

今回はその白熱する273話を紹介します。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第272話全話一覧第274話

前話(272話)のあらすじ

ついに始まった函谷関(かんこくかん)の戦い。

1番に動きだした、秦(しん)軍のひょう公将軍は、趙軍中央軍に突入していきます。

それに対して、合従軍(がっしょうぐん)も行動を開始。

楚(そ)軍を皮切りに魏(ぎ)や韓(かん)軍も動き始め、各々の思惑が入り混じった激しい戦いが始まります。

その頃、羌瘣(きょうかい)は…。

配置第272話のポイント
  • 秦軍vs合従軍がついに始まる。
  • 羌瘣(きょうかい)は、信の戦いを応援する舞を踊った

『キングダム』273話「趙軍の指揮官」のネタバレ

秦軍の猛攻の裏に…

信は飛信隊と共に、趙(ちょう)軍に猛攻を仕掛けます。

次々と敵を倒す信は、
「押し込むぞ飛信隊」
と叫び、それに奮起したメンバーたちは各所で敵を倒していきました。

それを後方から見ていた河了貂(かりょうてん)。

飛信隊の活躍よりも、さらに凄いひょう公軍の動きを観察しています。

ひょう公軍が強いのは、常に戦場で戦ってきたためだと理解。

しかし相手の趙軍の動きも気になります。

特に相手の将軍が、策士である李白(りはく)なのに何も策を使用しないためです。

実際、趙軍の陣では、李白は部下から敵に対応する陣形を提案されます。

けれども李白は
「そういう指示だ」
と李牧(りぼく)でない誰かの指令に従っていたのでした。

慶舎(けいしゃ)の作戦

その頃、合従軍(がっしょうぐん)の本陣では、全軍総大将である春申君(しゅんしんくん)と李牧(りぼく)が話をしています。

李牧に自国の軍の指揮に行かなくて良いかと聞く春申君。

けれども李牧は、副将の立場である慶舎がいるから安心であると答えました。

その慶舎は、ひょう公の攻撃にも顔色を変えずに眺めています。

そしてひょう公の動きの意図を正確に看破。

ひょう公の思惑通りにさせないため、敢えて何もしません。

ひょう公は、その状況に動きを止めて
「匂いがないぞ」
と今の戦場を不思議な感覚で表現。

疲れた前列と後列の兵隊を入れ替えて、再び敵の中に突入しようとしました。

裏をとられたひょう公将軍

敵の総大将である春申君にも、読み切れないと言われるひょう公の軍を冷静に見つめる慶舎。

ひょう公軍が兵を入れ替えた所で、初めて動きを見せました。

趙軍右翼の公孫龍(こうそんりゅう)の部隊を、少しだけ進ませます。

それをひょう公は、罠の匂いがすると察知。

「左へ軍を進めるぞ」
と敢えてそちらへ向かいます。

すると慶舎は、さらにそのひょう公の動きに対応します。

さっきと逆側である趙軍左翼の部隊に司令を出して、ひょう公軍の後ろから追撃。

先程の突入で、疲れたひょう公兵隊を攻撃させました。

その行動を慶舎は、
「この戦場に火は起こったぞ」
と淡々としゃべります。

そのひょう公は、慶舎の行動を予想出来ていない様で、戸惑いを見せました。

そんな慶舎の力を、李牧は春申君に説明していきます。

なんと慶舎は、難しいはずのひょう公の動きが理解できると…。

なぜならひょう公と、同じタイプである本能型の将軍なのだと述べたのでした。

『キングダム』273話「趙軍の指揮官」の感想と考察

今回は、函谷関の戦いの戦場の一つである、秦軍と趙軍の戦いでした。

趙軍の司令官・慶舎の戦略は、実は秦軍の後ろから趙軍が攻撃したという単純なことなのですが、そのタイミングが絶妙でした。

動物的な直感ででお互いが動くから、相手の思考が分かるのは言われて見れば分かるのですが、そこまで上手く行くものなんですかね?

配置第273話のポイント
  • 信は飛信隊と共に、趙(ちょう)軍に猛攻を仕掛ける。
  • 策士である李白(りはく)は単純に戦うだけだった。
  • 李白に支持を出していたのは、李牧ではなく副将慶舎だった。
  • 副将慶舎はひょう公の動きが理解できていたため優勢。

マンガ第273話は、単行本の26巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第273話」は、単行本の「第26巻」に収録されていますよ。

単行本第25巻には、第273話~第283話まで収録されています。

「第273話」の続きを読みたい方は、単行本「第26巻」から手に取ってみてください!

第26巻:目次
  • 第273話 趙軍の指揮官
  • 第274話 蜘蛛の巣
  • 第275話 本能型の才
  • 第276話 鳳明の手
  • 第277話 桓騎、向かい合う
  • 第278話 父子の情
  • 第279話 蒙恬の剣
  • 第280話 部隊長の質
  • 第281話 莫邪刀
  • 第282話 王騎が認めた男
  • 第283話 互いの自負

「キングダム」アニメ第3期は、どこから?

引用:Amazon

2021年4月から「キングダム」のアニメ第3期の放送が決まりましたね。

そこでアニメ第3期(1話)は、原作マンガの何巻ぐらいなのか紹介したいと思います。

「キングダム」アニメ第1期は、2012年6月から全38話放送されています。

第1~2期が単行本の「第24巻」(260話~261話)ぐらいまで消化しているので、

第3期は単行本「第25巻」 (262話~263話) あたりから始まるのではないでしょうか。

なので、第3期の内容をすぐにでも知りたい方は、単行本の第25巻から読んでみてください!

ただ、テレビアニメになるにあたり内容が編集されマンガの内容と異なることが多いのでその点はご了承ください。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • NHK総合:2021年4月4日より毎週日曜24:10~

【主題歌】

  • OP:「TOMORROW」/ 歌:BiSH
  • ED:「Deep inside」/歌:waterweed

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

前話全話一覧次話

関連記事