ましろのおと12話

ましろのおと 第12話のネタバレ!【Track12】

5 min 365 views

月刊少年マガジン2010年1月号に読み切りで掲載。

その後、5号より連載開始。

2021年2月現在も連載中。

2021年4月3日よりアニメイズム枠で放送予定。

ましろのおと 第12話「Track12」のネタバレ記事です。

梅園学園を訪れた洸輔は、後輩にアドバイスするという名目で雪と合奏します。

すごい合奏を聞かされただけで、何のアドバイスも貰えなかったとぼやく海人ですが、洸輔はほぼ教則通りの演奏をしていました。

しかも、課題曲の4分以内に合わせた、3分50秒。

このフレーズで、大会に挑むことにします。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第11話全話一覧第13話

前話(11話)のあらすじ

5人揃った練習が始まり、なんとか基礎曲の六段を合わせることができるようになりました。

しかし、朱利だけがみんなより遅れいる状態です。

とにかく練習あるのみと、みんなで残って練習をすることになりますが、雪は違う曲を弾いていました。

個人戦の課題曲で、出場することを決めたというのです。

鈴音の店主、大俵からの指導も始まり、これから大会に向けた新節の練習に入ります。

ましろのおと 第12話「Track12」のネタバレ

雪と洸輔の新節

母校である、梅園学園を訪れた洸輔は、三味線愛好会でアドバイスをすると言い出します。

アドバイスも何も、新節を演奏できるのは雪だけだと海人が答えると、雪の演奏に合わせるのかと驚く洸輔でした。

しかし、雪自身が、自分の演奏はめちゃくちゃで、気分によって音が変わってしまうから、自分のには合わせないと答えます。

音が変わるという意味が解らない部員に、雷が、一般的にはフレーズの入れ方や回数が変わるのだが、雪の場合は、音色も極端に変わると説明しました。

今の気分を問いかけられ、普通と答えた雪に、普通の新節を聞かせてという洸輔ですが、雪は、自分の演奏を聴いてどうするのかと言います。

洸輔自身、どうするのか解っていませんでした。

好奇心なのか。

焦燥なのか。

雪が、洸輔にとってパンドラの箱になるかもしれない。

そう考えながらも、後輩にアドバイスをできればと思うと口にします。

雪の演奏を、部員と小藪は、前弾いた曲と同じ曲なのか不思議に思い、洸輔は、気まぐれだと思いました。

洸輔も三味線を用意し、雪と合奏をはじめます。

雪と洸輔の音が合わさり、素晴らしい演奏になりました。

それぞれの決意

帰っていく洸輔を見下ろしながら、何のアドバイスも貰えなかったとぼやく海人に、雷は、アドバイス以上のものを貰ったと言います。

何のことかわかっていない海人と朱利に、洸輔が弾いたのは、ほぼ基本通りの新節で、入れるところや回数が違っただけだと教えました。

初合わせで雪に合わせた洸輔をさすがだと褒める海人でしたが、雪は否定しました。

合わせたのではなく、基本だけで挑んできて、雪の方が合わせさせられたのだというのです。

それに対して、悔しかったのかと聞かれた雪は、別にと答えます。

疑う雷と海人でしたがこれは、本心で、いたずらをされた時のような気分だったのでした。

雪と洸輔の演奏を録音していた結は、何度確認しても、大会の規定4分以内に合わせた、3分50秒で、驚きます。

その録音を大俵のもとに持ち込み、譜面にするようお願いした帰り、結は、これで優勝できる気がするとまで豪語しだします。

雷は、新節も弾けていないのにとたしなめますが、結は3か月もあれば余裕だと言い出します。

朱利は、不安を訴えます。

みんなが解散した後、朱利は、とにかく練習しなければと帰路を急ぎ、雷は、長年細竿をやってきたプライドから、何とかしようと、ダッシュで帰宅するのでした。

海人も帰宅してから、地下のシアタールームに籠って、三味線を鳴らし続けていたようです。

ゆぃ★乙姫とマイマイ

結は、パソコンのチャットルームで、津軽三味線甲子園を知っている人がいないか声をかけますが、なかなか見つかりません。

そんな中、唯一、マイマイというハンドルネームの人が知っていると声をかけてきました。

雪と言う人を知っているかと聞かれた結は、雪=ゆきと読んでしまい、ゆきは知らないと答えてしまいます。

知らないならいいと、さっさと終わらせるマイマイでしたが、最後に自分のブログに練習の音源があると言って、プロフを渡して来ました。

一方的だったために、呆然としている、結でしたが、雪=ゆきではなく、せつだったのかもと思い至ります。

マイマイのブログを見ながら、雪がいるし、洸輔が編曲した曲があれば、優勝はマイマイ達では無いと言いながら、音源を再生する結でした。

ましろのおと 第12話「Track12」の感想と考察

洸輔は、雪にとても興味があるようです。

舞が、怖いくらい上手だったという、雪の音を、聞いてみたいが、怖いと相反する思いがあるのでしょう。

そして、その舞も、団体戦に出るために、練習を積み重ねているようです。

これから、結は、はじめて、自分たち以外の演奏を耳にすることになるのですが、どんな反応をするのでしょうか。

マンガ第12話は、単行本の4巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第12話」は、単行本の「第4巻」に収録されていますよ。

単行本第4巻には、「第11話~第14話」まで収録されています。

「第12話」の続きを読みたい方は、単行本「第4巻」から手に取ってみてください!

第4巻:目次
  • 第11話「Track11」
  • 第12話「Track12」
  • 第13話「Track13」
  • 第14話「Track14」

ましろのおと」アニメ第1期が2021年4月から放送!

引用:YouTube

「ましろのおと」がついにテレビアニメで放送することが決定しましたね!

アニメ化を待っていた方も多いのではないでしょうか⁉
かく言う、私もその内の一人です!

原作マンガとアニメでは、ストーリーにどんな違いが出るのかも楽しみの一つですよね。

ここでは、アニメに関する情報を紹介したいと思います。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • TBS:4月2 日(金)から毎週金曜日 深夜2時25分~
  • MBS:4月2日(金)から毎週金曜日 深夜2時25分~
  • BS-TBS:4月2日(金)から毎週金曜日 深夜3時00分~
  • AT-X:4月8日(木)から毎週木曜日 21時30分~ ※リピート放送:毎週(月)9:30/毎週(水)15:30

【主題歌】

  • OP:「BLIZZARD」&「銀世界」/ 歌:BURNOUT SYNDROMES
  • ED:「この夢が醒めるまで feat.吉田兄弟」/ 歌:加藤ミリヤ

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事