ましろのおと30話

ましろのおと第30話のネタバレ!【Track30】

5 min 433 views

月刊少年マガジン2010年1月号に読み切りで掲載。

その後、5号より連載開始。

2021年2月現在も連載中。

2021年4月3日よりアニメイズム枠で放送予定。

ましろのおと 第30話「Track30」のネタバレ記事です。

来週から竹の華で修行することになった雪ですが、たぬきち食堂を訪れた雷から梅園はバイト禁止であることを聞きます。

翌日、小藪に相談しますが、ダメだと言われてしました。

帰宅した雪の元に、姿を見せた梅子に、竹の華で働くことを伝えると。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第29話全話一覧第31話

前話(29話)のあらすじ

学校をさぼって竹千代が営む民謡居酒屋竹の華を訪れた雪は、テストを受けます。

津軽五大民謡のひとつあいやを披露しますが、竹千代にへたくそと一蹴されてしまいました。

しかし、来週から来てもいいと言われた雪は、竹の華に来た理由を聞かれ、三味線で食べていく覚悟を決めたからだと答えます。

学校では、海人が足の怪我の治療をして、サッカーに復帰するため、愛好会を抜けると言います。

雷も忙しくなるから抜けるといい、結もゲーム愛好会に戻ると言います。

残された朱利は、一人不安を抱えるのでした。

ましろのおと 第30話「Track30」のネタバレ

雪と愛好会の部員たち

たぬきち食堂で夕食を取っていた雪の元を、雷が訪れました。

学校を休んでいたわりに元気な姿の雪を見た雷は、さぼりなのかと言いますが、雪は用事があったと答えます。

雷は、一か月後の米福とのライブで、親子共同作品を披露することが決まったことを雪に報告しました。

以前話していた、噺と音の共演をやるというのです。

雷が、雪の前に腰を下ろし、注文をしていると、雪も来週から、民謡居酒屋で働くことになったと報告しました。

雷は、驚くと同時に、学校はどうするのかと聞きます。

梅園学園は、アルバイト禁止だというのです。

事情があれば許可がもらえる場合もあるが、雪の場合は、許可は下りないと言われた雪は、ダメなら気持ちは決まって居ました。

翌日、学校で、小藪に相談するも、居酒屋で遅くまでなんて、許可出すどころか見つけたら停学だと言われてしまいます。

放課後、朱利は雪を探していました。

ある日突然現れた雪は、突然消えそうで不安になっていたのです。

進路指導室から出てきた雪を、朱利が呼び止めます。

部室に行こうと誘いますが、用事があるといった雪は、帰って行ってしまいました。

ゲーム愛好会で、結は、海人が愛好会を抜けたことを知り、朱利のことが心配になるのです。

梅子現る

帰宅した雪は、若菜に連絡するつもりだったのですが、気が付いたら若菜の出勤時間を過ぎてしまっていました。

すると、ドンドンと激しくドアを叩く音がして、慌てて雪がドアを開けます。

そこにいたのは梅子で、雪はドアを閉め、追い出そうとしますが、乱暴な手段を取ろうとする梅子に、観念して、部屋に入れることにしました。

梅子は、自分は何もしていないと言い張り、雪が悪いのだから、謝れとすら言ってきます。

三味線甲子園のトロフィーを届けに来たという梅子に、雪は、竹千代の店で働くことに決めたと告げました。

それを聞いた梅子は、突然暴れだします。

あんなところに行ったら、雪の腕がダメになるというのです。

梅子が師匠を連れてきて、披露する場所も用意するというのですが、雪は断ります。

梅子は、雪は孤高で無くてはならないと言い、いうことを聞かなければ、学費も生活費も面倒見ないと言い出しました。

しかし、雪にとってそれは、願ったりかなったりで、嬉しそうな顔をします。

そこで、退学届にサインするように頼む雪に、後で泣きついてきても知らないと言って梅子は去っていきました。

雪の決心

結から、公園に呼び出された海人は、手術の話を聞かれます。

本当だと知った結は、良かったと言いますが、愛好会を自分も辞めると伝えました。

海人に3人も抜けると言われた結は、雷が抜けることを初めて知るのです。

登校時に、雪に会った朱利は、愛好会から3人抜けるのを伝えないといけないと思っていたのですが、雪の方から、放課後話があると言われてしまいます。

放課後、部室で、雪が学校をやめることを聞かされた朱利は、学校って大切だというのですが、雪は三味線があればいいと答えて笑みを浮かべました。

朱利は、みんなには後で伝えておくといい、3人がやめたことを伝えませんでした。

その代り、雪の音が好きだと伝えます。

雪は、嬉しそうな笑顔を向け、ありがとうと伝えるのでした。

結を探して、走り回っていた結は、教室で朱利を見つけます。

三味線の練習をしようというのです。

朱利は、泣きながら、結の胸に顔をうずめ、雪が学校をやめることを伝えました。

朱利が、一人になっても三味線は続けようと思っていたと言い、結が一緒だからもっと頑張るというのでした。

雪も海人も雷も、それぞれの道を進んでいきます。

そして、雪の竹の華デビューです。

ましろのおと 第30話「Track30」の感想と考察

雪が中退していました。

まさか、中退するとまでは思っていませんでした。

さぼり気味になるとか、愛好会は試合前だけになるとか、想像していたのですが、きっぱり竹の華一本に決めましたね。

梅子は相変わらず自分勝手です。

自分で壊しておいて、持ってきてやったなんて、どの口が言ってるんでしょう。

それにしても、竹千代のことを知っているようですが、どんな関係なのでしょう。

マンガ第30話は、単行本の8巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第30話」は、単行本の「第8巻」に収録されていますよ。

単行本第8巻には、「第27話~第30話」まで収録されています。

「第30話」の続きを読みたい方は、単行本「第9巻」から手に取ってみてください!

第8巻:目次
  • 第27話「Track27」
  • 第28話「Track28」
  • 第29話「Track29」
  • 第30話「Track30」

ましろのおと」アニメ第1期が2021年4月から放送!

引用:YouTube

「ましろのおと」がついにテレビアニメで放送することが決定しましたね!

アニメ化を待っていた方も多いのではないでしょうか⁉
かく言う、私もその内の一人です!

原作マンガとアニメでは、ストーリーにどんな違いが出るのかも楽しみの一つですよね。

ここでは、アニメに関する情報を紹介したいと思います。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • TBS:4月2 日(金)から毎週金曜日 深夜2時25分~
  • MBS:4月2日(金)から毎週金曜日 深夜2時25分~
  • BS-TBS:4月2日(金)から毎週金曜日 深夜3時00分~
  • AT-X:4月8日(木)から毎週木曜日 21時30分~ ※リピート放送:毎週(月)9:30/毎週(水)15:30

【主題歌】

  • OP:「BLIZZARD」&「銀世界」/ 歌:BURNOUT SYNDROMES
  • ED:「この夢が醒めるまで feat.吉田兄弟」/ 歌:加藤ミリヤ

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫
関連記事