ましろのおと41話

ましろのおと第41話のネタバレ!【Track41】

5 min 264 views

月刊少年マガジン2010年1月号に読み切りで掲載。

その後、5号より連載開始。2021年3月現在も連載中。

2021年4月3日よりアニメイズム枠で放送予定。

ましろのおと第41話「Track41」のネタバレ記事です。

残りはあいや節か、三下りと分かっているくじを引く麻仁は、苦手な三下りを引いてしまいます。

舞台の中央に立つと、観客の視線が怖くなった麻仁を助けたのは、雪の伴奏でした。

雪の音に乗せて唄う麻仁の歌声の伸びは素晴らしく、観客を魅了します。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第40話全話一覧第42話

前話(40話)のあらすじ

朝から良いこと続き雪は、大会会場につくと、追に袴を着つけてもらいました。

大河に借りたその袴は驚くほど派手で、専属伴奏者としてやってきていた洸輔も笑いをこらえるほどでした。

一方、麻仁は朝から良くないこと続きで、会場に遅刻して到着します。

なんとか着替えも間に合い、一息ついたところに、今年初出場の若者数名が挨拶と称し、宣戦布告にやってきます。

そのうちの一人、後藤は、神木清流(洸輔)の伴奏で、あいや節を見事に披露しました。

ましろのおと 第41話「Track41」のネタバレ

不安と緊張

司会者に名前を呼ばれた麻仁は、舞台に上がりくじを引きます。

その間に、雪と江戸は、伴奏者の席へ移動しました。

麻仁は、得意とするあいや節を引き当てたいと願いますが、朝からツいていなかったことで不安になります。

雪が自分がツいていると言っていたので、雪の運が勝ってくれることを願って、引いたくじを司会者に渡しました。

発表されたのは、三下りで、麻仁は自分のツきの無さに顔を青ざめさせます。

舞台袖で見ていた、洸輔が成宮が得意のあいや節に決まったと声をかけましたが、成宮は、自分が唄いたかったのは三下りだったのだと訂正します。

麻仁はきっとあいや節を唄いたかったはずで、この皮肉が面白いと成宮は言いました。

麻仁の三下り

舞台中央に置かれたマイクの前に立った麻仁が、呼吸を整えると雪が伴奏を始めます。

心臓の高鳴りを抑えるように静かに目を閉じていた麻仁が、目を開くと客席が目に入りました。

何度大会に出ても慣れない観客の視線に震える麻仁の耳に、唄い慣れている追や大河とは違い、唄いやすかった梶とも違う、雪の三味線の音が届きます。

雪は、以前、唄付けに関して言われてきた様々なことを思い出しながら、麻仁を生かす演奏をするために全力を注いでいました。

江戸の太鼓の音と共に、麻仁の目には、空気が割れて、目の前が晴れたように映ります。

雪の掛け声と、麻仁の唄い出しが綺麗に合わさり、麻仁の三下りが始まりました。

麻仁と雪は、唄声と三味線の音でお互いの気持ちを通じ合わせ、心というたった3文字のフレーズを、20秒を超す煌びやかな音に仕上げます。

舞台袖で聴いていた後藤は、悔しさに目に涙を浮かべていました。

唄い終えた麻仁が、笑顔を浮かべると、客席からは大歓声が上がります。

大河も竹千代を揺さぶりながら喜びがあふれていました。

審査員らも、麻仁の唄のすばらしさや、雪の伴奏の良さを評価する声が上がります。

舞台袖では江戸が興奮しながらサイコーだったと声をかけると、麻仁が江戸と雪を抱きしめ嬉しそうに感謝を告げるのでした。

止まる唄声

一向に鳴りやまない歓声に、係員が成宮の登場を遅らせようかと提案するのですが、成宮は問題ないと提案を断ります。

名前が呼ばれ、舞台に出る前に、成宮は洸輔に話しかけます。

意地もプライドも捨てたから勝たせてほしいと願われた洸輔は、麻仁の唄、雪の伴奏を見せられて闘争心がわかないはずがないと想いながら、頑張ると返答するのでした。

最後のくじが、あいや節と司会者が発表し、成宮は舞台中央のマイクの前に立ちます。

日本一を目指して、二十年が経ち、周りからは、大会に出ていることをおばさんだとか、新鮮味がないだとか馬鹿にされていた成宮は、おばさんをバカにするなという気持ちを唄に乗せ唄い始めました。

成宮の声量は、息が続くのか、見ていた全員が不安を覚えるほどで、一小節を唄い切っただけで、安堵のため息をこぼす観客もいるほどです。

年を重ねる度に、大会に出場しなくなっていく人が多い中、いつか日本一の称号を手にするという強い思いを乗せた成宮のあいや節は、洸輔にとって三味線を思い切り叩くことができ、面白味を感じていました。

今までの大会では、点数が取れる唄い方をしていた成宮は、今回に限り普段の動き回るスタイルで唄います。

その成宮の姿は、雪に芸の世界が底なしだと実感させていました。

荒々しく声を張り、声の伸びが唸って聞こえるほどの声量で、息が続くのかと誰もが思っていると、息を吸った成宮の喉がヒュっと音を立て続きを唄うことができません。

唄の続きが聞こえなくなり客席から聞こえるざわめきの中、声が出なくなった成宮は、静かにマイクを下ろしました。

ましろのおと 第41話「Track41」の感想と考察

麻仁が苦手な三下りを引き当ててしまいましたが、雪のおかげで、最高の唄を唄うことができたようです。

何度立っても慣れないと言っているくらいなので、今まではおそらく、緊張や不安で、実力を発揮できていなかったのでしょう。

雪が言うように、伴奏は養分だったということが証明できたと言えるでしょう。

二十年もやっているベテランの成宮が、ペース配分をそうそう間違えるとは思えないのですが、声が出なくなってしまいました。何か理由があったのかもしれません。

マンガ第41話は、単行本の11巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第41話」は、単行本の「第11巻」に収録されていますよ。

単行本第11巻には、「第39話~第42話」まで収録されています。

「第41話」の続きを読みたい方は、単行本「第11巻」から手に取ってみてください!

第11巻:目次
  • 第39話「Track39」
  • 第40話「Track40」
  • 第41話「Track41」
  • 第42話「Track42」

ましろのおと」アニメ第1期が2021年4月から放送!

引用:YouTube

「ましろのおと」がついにテレビアニメで放送することが決定しましたね!

アニメ化を待っていた方も多いのではないでしょうか⁉
かく言う、私もその内の一人です!

原作マンガとアニメでは、ストーリーにどんな違いが出るのかも楽しみの一つですよね。

ここでは、アニメに関する情報を紹介したいと思います。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • TBS:4月2 日(金)から毎週金曜日 深夜2時25分~
  • MBS:4月2日(金)から毎週金曜日 深夜2時25分~
  • BS-TBS:4月2日(金)から毎週金曜日 深夜3時00分~
  • AT-X:4月8日(木)から毎週木曜日 21時30分~ ※リピート放送:毎週(月)9:30/毎週(水)15:30

【主題歌】

  • OP:「BLIZZARD」&「銀世界」/ 歌:BURNOUT SYNDROMES
  • ED:「この夢が醒めるまで feat.吉田兄弟」/ 歌:加藤ミリヤ

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫
関連記事