現実主義勇者の王国再建記19話のネタバレ!【アイーシャVSカストール】

5 min 362 views

2021年7月からアニメが始まることが決まりました!

コミックガルドで連載中の現実主義勇者の王国再建記第19話「紅竜城邑攻謀戦②」のネタバレ記事です。

今回の話では、アイーシャとカストールが闘います。

ソーマ陣営の中で強い戦士であるアイーシャと長年王国のために戦ったカストールのどちらが勝つのでしょうか!

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第18話全話一覧第20話

前話(18話)のあらすじ

紅竜城邑にいるカストールは家宰のトルマンに万が一の場合は空軍とカルル達家族の事を託しました。

やがて戦艦アルベルトが簡易版キャタピラをつけられていて、ライノサウルスに牽かれている状態で現れます。

そしてソーマの映像が城内に現れ、改めてソーマは降伏を受け流すもカストールは断ります。

カルラはワイバーン部隊を率い、対空連弩砲に苦戦しながら戦艦アルベルトを落とすも、ソーマ達はカストール立ちの元にいたのです。

現実主義勇者の王国再建記19話「紅竜城邑攻謀戦②」のネタバレ

真相

大陸暦1946年9月32日、ソーマは今回の戦いでエクセルに家族を預けていたカストールが敵対するのを想定していなかったので、頭を悩ませていました。

それ故に僅かな兵力で相対しないと行けなくなってしまったのです。

そこでソーマはハクヤと考え、奇襲を仕掛ける事に決めるとカノン砲を備えた戦艦アルベルトを陸を移動できるように改造します。

カストールと連絡をする事で戦艦アルベルトにいるように思わせ、戦艦アルベルトにはリビング・ポルターガイスツで操っている人形を使ってワイバーン部隊と戦わせる事にしたのです。

ワイバーン部隊と戦っている間にソーマはアイーシャ達と共に紅竜城邑を落とそうとし、エクセルの情報を使って秘密の通路を通れば、一気に制圧できると考えていました。

これがソーマ達が紅竜城邑にいた真相だが、カストールがいたのは想定外でした。

激突

カストールは戦艦アルベルトは囮だとしたら俺がこの場にいたのは残念だったなと言って剣を抜くと、自分だけが相手をするからもし自分が負けたらそこのトルマンに空軍を率いらせろと言うのでした。

ソーマはこの戦いがどれだけ意味のない事かもう分かっているのではないかと言うと、カストールはソーマにとっては自分やゲオルグを討てば貴族はついてくるから意味があるんじゃないかと言い返して剣先を向けます。

アイーシャは下がるように言うと、カストールはソーマは戦わないのかと聞きます。

ソーマは自分は内政をする一般人だと言いつつも、心の中では人形達を動かして戦っている最中だと思っていたのです。

そしてソーマに代わって相手をしてやると言わんばかりにアイーシャが剣を振るい、カストールもまた戦い始めます。

カストールは翼の突風でアイーシャを怯ませると、ソーマに襲い掛かるがアイーシャはすぐさまソーマを守ったのです。

カストールは何で力だと言うと、アイーシャは自分は頭が良くないからその分力でソーマを支えるしか出来ないし、それでソーマを守れるなら構わないと言い放ちます。

ソーマはいい主君かとカストールは聞くと、アイーシャは良い主君かどう言うのかは分からないが、ソーマは自分のために様々な事をしてくれたから傍にいたいと思えるし、ソーマの人となりも好きだし、ソーマやリーシア達と一緒にいたいと言います。

カストールはアイーシャはカルラや自分に似ていると言いつつ、アイーシャを払いのけて力が無ければ何も守れないと言って剣を振り下ろそうとするが、ムサシ坊や君が薙刀を振るってアイーシャを守ったのです。

そして中からリーシアが出てきて、不意を突かれたカストールは彼女の魔法を喰らって動けなくされ、アイーシャの一撃を受けて吹っ飛びます。

ソーマはカストールの隙を作るためにリーシアにはムサシ坊や君の中に入れていたのです。

勝利

カストールは自分の負けを認め、リーシアにソーマは良い王様かと聞きます。

対するリーシアは良い王だと思うけど、国民はソーマが命を落としてから良い王かどうかを判断するから何とも言えないけど、少なくとも自分はソーマの政策は突拍子が無かったりするけど成果はちゃんと出ていると言ったのです。

そしてソーマにはこのまま王でいてほしいし、例えアルベルトが王位を返すように言ってきても自分はソーマと共に戦うと言います。

その言葉を聞いたカストールは改めて自分の負けだと悟ったのです。

同時に戦艦アルベルトが落とされたので、ソーマはリーシアに急ぐように言い、リーシアは隷属の首輪をカストールに見せます。

隷属の首輪は主人となる者の意志で収縮し、主人に反旗を翻したり、勝手に外そうとしたら首を刎ねられるものとなっていたのです。

リーシアは主人はソーマとなっていると言うと、負けを認めたカストールは受け入れるつもりでした。

カルラが戻って来ると隷属の首輪をつけているカストールを見かけ、襲い掛かるもリーシアとカストールの説得で攻撃を辞めます。

部下達もやって来て、この状況に唖然としていました。

ソーマはトルマンに一時的に空軍大将の座を与えるから空軍部隊と共に自分の指揮下に加わるように指示し、トルマンは了承するもカストールとカルラはどうなるのかと聞いたのです。

ソーマはまだ罰をどうするかは決めてないが、少なくとも部下が自分の指揮下に入ればカストールの命令に従っただけと判断するが、逆らうなら容赦なく処罰すると言います。

部下達は反発するが、ソーマはもし逆らえば親族も処罰されるがそれも覚悟の上かと言い放ったのです。

トルマンはソーマに従う事にし、反発する部下達にこれ以上事を荒立てればカストールの立場が悪くなると窘めます。

そしてトルマンはまずどうすればいいかと聞くと、ソーマはまず戦が終わった事を玉音放送で宣言し、空軍が禁軍の指揮下に入る事、待機中の空軍を召集して揃い次第ゲオルグの領地に向かう事、逆らうなら処罰する事を伝えるように指示したのです。

そしてカルラにも隷属の首輪をつけ、ソーマはゲオルグの元へと向かうもリーシアは不安そうな顔をしていました。

現実主義勇者の王国再建記19話「紅竜城邑攻謀戦②」の感想と考察

何とか勝ちましたね。

隷属の首輪に関してはカストールやカルラは性格的に一度負けを認めたら逆らわないとは思いますが、部下達はそうではないのでそのために用意したのかもしれませんね。

次回ではゲオルグが率いる陸軍と戦うと思います。

アニメ第19話(第1期)は、マンガの4巻に収録

引用:Amazon

2021年4月から「現実主義勇者の王国再建記」のアニメ第1期の放送が決まりましたね。

そこでアニメ第1期(19話)は、原作マンガの何巻ぐらいなのか紹介したいと思います。

第1期の19話は、原作マンガの4巻に収録されています。

アニメの続きが少しでも早く知りたい方は、単行本4巻から読んでみてください。

単行本第4巻には、第17話~第21話まで収録されていますよ。

第4巻
  • 第17話「ランデル近郊の戦い」
  • 第18話「紅竜城邑攻謀戦①」
  • 第19話「紅竜城邑攻謀戦②」
  • 第20話「李代桃橿」
  • 第21話「宣戦布告①」

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です