灼熱カバディ13話

「灼熱カバディ」13話のネタバレ!【攻撃手のぶつかりあい!宵越の新技は成功なるか!?】

6 min 92 views

WEBコミックアプリマンガワン2016年4月7日公開の灼熱カバディ第13話「変わらないモノ変わるモノ」のネタバレ記事です。

脳京高校に通う1年生・宵越竜哉は、カバディ部1年生・畦道相馬に押し切られカバディ部にを体験することになります。

「イロモノスポーツ」と馬鹿にしていた宵越ですが、練習を続けていく中で、灼熱のように熱いこのスポーツの魅力にのめりこんでいくのでした・・・!

なんといっても“熱さ”が魅力の灼熱カバディ!

“カバディはなぜ、そんなに激しいスポーツなのか?”

を主人公たちの物語が教えてくれる、鳥肌と感動が止まらない展開の連続。

常に前を向いて進む登場人物全ての前向きなストーリー

そして灼熱のような“熱さ”がこの漫画の魅力です!

それでは第13話、参ります!

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第12話第13話第14話

前話(12話)のあらすじ

奏和高校との練習試合が決まった脳京高校カバディ部。

お互いの高校が試合までの調整をする中…奏和高校の主将、六弦歩は後輩に頭を悩ませていました。

その後輩あの名前は高谷煉。

中学時代に水泳で全国一を取った、宵越と同じ“スポーツ界のエリート”です。

高谷は自信家であり、上の人間を倒すことを楽しみとしている人間です。

六弦が過去に幾度となく戦った王城にも興味を示し、控えの王城を引きずり出す為に「前半20分で40点を取る」と宣言します。

一方脳京高校では井浦と王城による最終調整が進みます。

宵越は王城から新技を… 井浦もこの日の為に“仕込み”を欠かさず続けてきました。

お互いに準備万端の中、遂に奏和と脳京の練習試合が始まるのでした!!

灼熱カバディ第13話「変わらないモノ変わるモノ」のネタバレ

アップ開始

―――場面は奏和高校の体育館。

観客席には、高谷のファンクラブと宵越狙うサッカー部が座っています。

王城「さぁ、アップ始めよう!!」

  「「おう!!」」

全員がアップに入る中、宵越は不機嫌な様子。

その理由は、試合前の挨拶に遡ります…。

「「ちわす!!」」

と奏和の体育館館に入ってきた脳京メンバーを、奏和の控え選手が案内します。

六弦「来たか、強敵よ。」

王城「あ。久しぶり六弦!!今日はよろしくー!!」

と、脳京を待っていた六弦に握手を求める王城。

しかし、その手は六弦によって振り払われます。

六弦「ケガで休養とは情けないな。自己管理もならん奴が部長ではチームもかわいそうだ。」

王城「ウチのチームは出来るコが多くてね、偉そうに檄をとばさなくてもサボったりしないから。」

開幕からバチバチの2人。

遂には後輩自慢の勝負も始まり、呆れる宵越たち…。

六弦「フー…。口で勝負しても始まらんのについ…。」

王城「いや、それはこっちもだ。」

六弦「悪いが勝たせてもらう。」

王城「それもこっち。」

お互いに勝利宣言をしながら、六弦は井浦にも挨拶をします。

六弦「…王城の友人もよろしくな。」

井浦「王城の友人ね…。」

六弦との前哨戦も終わり、控室に案内される一同。

高谷「いらっしゃいませー!!」

そこには、噂のエース・高谷が待っていました。

驚く宵越たちですが、彼の目的は王城です。

高谷「あーっ!あなた王城さん!?」

王城「うん。」

高谷「よろしく!!オレあんたと勝負したくて早起きしたの!!」

しかし、怪我の影響で控えスタートの王城は困ったような表情を浮かべます。

王城「悪いけど…今日僕は…」

高谷「大丈夫!!安心してください!!」

  「前半、大差付けて引きずり出すんで!!」

脳京の、雰囲気が変わった瞬間でした。

試合開始

お互いの、ウォームアップが終わります。

審判役の声に合わせて整列する両校。

初の“試合”に緊張する畦道と、冷静な宵越を見て高谷が何かを勘づきます。

高谷「…彼、素人っすよね?一番落ち着いたカンジなんすけど…。」

六弦「ん…サッカーで全国4位の猛者らしいしな。」

高谷「へっ!?なんでカバディやってんの!?」

六弦「そりゃこっちのセリフだ。」

高谷「え?オレ?水泳は一番になったからもういいかなって…。」

高谷「でもキミ…1番取ってないのになんで辞めてんの?」

高谷のデリカシーのない発言で、宵越の雰囲気が一瞬変わります。

「それでは始めます!」

審判の声が響き…前後半20分・先行が奏和で試合が始まります。

尚、ボーナスラインに関しては守備が5名以上の時1点となります。

攻撃手は高谷煉。

片手を脈の部分に当てて、心拍を図るようなポーズを取っています。

畦道「なんだべ、あのポーズ…。」

高谷が地面を踏み込んだ瞬間―――

畦道の胸元に、高谷の指が刺さります!

畦道「いっ…!?」

そしてそのまま体を身体を回転させ、宵越を狙う高谷!!

宵越(はえーな、オイ!!)

しかし自慢の回避力で、宵越は高谷の攻撃を回避します。

そして、攻撃をしたということは隙ができるということ…。

水澄が横から捕まえにかかりますが…!

位置を把握しているように水澄の頭を押さえ、地面に叩きつけます!

そのまま自陣側に戻った高谷ですが、キャントはまだ継続中…。

宵越「パワーもあんのか!?」

水澄「…いや、パワーっつーかなんか変な感じが…。」

井浦「キャント続いてるぞ水澄!!攻撃を終わらせろ!!」

井浦の指示で高谷を敵陣に追い戻す水澄。

畦道と水澄はタッチされたことによりコートの外に出ていきます。

井浦曰く、相手を押し戻す行為は“被害を最小限にするために攻撃を終わらせる”防衛方法のようです。

宵越「…俺が攻撃行くぞ。お前らカタくてアテにならん。」

初の試合で、初攻撃。

更に最初から2点を獲得され、普通ならば緊張する場面…。

宵越「俺にはとっておきがある。2点とりゃお前ら帰ってこれんだろ?」

宵越「短い休憩で悪いな。」

自信満々の宵越が、“新技”を手にコートへ上がります。

宵越の新技

王城「…アレはまだ早いよ宵越君…。」

―――場面は特別練習のシーンに変わります。

王城が言うには、攻撃手における大量得点の方法は主に2つ。

『守備に捕まったまま自陣に帰る』か、『同時に複数人をタッチする』かのどちらかです。

宵越「同時の方が不可能だろうが!!」

王城「…2人までならいけるよ。」

王城「技の名は『ロールキック』。キミの長い脚を使って、敵を横に切り裂く技だ。」

―――――――――

王城「まだ手でいい…そんなに完成度は高くないんだ。」

リーチとスピードがある宵越ですが、この技はバランスも崩しやすく距離感も掴みづらいです。

そして何よりも“流れ”。

スポーツに大事な序盤の流れを作るには、実力以上のミラクルを起こすのが手っ取り早いです。

宵越は、サッカー時代からそれが得意でした。

相手をけん制しながら、コートの奥に位置をかためていく宵越…。

ボーナスラインも近くなり、奏和の守備達が警戒をした瞬間―――

宵越の表情が、変わります。

一瞬で身体を回転させ、固まった守備陣を長い脚のリーチで引き裂きます!

まさに王城の教えたロールキックを、土壇場で決めた宵越はその足で六弦と高谷を除く3人をタッチ!

煽るように押し返しを求め、初動を上回る3点を獲得します!

宵越の得点により水澄と畦道が復活!

流れは完全に脳京依りになります!

井浦「だいぶ…楽になった。」

宵越「はっ、感謝しろよ。」

井浦「そうだ。努力すれば変わるんだ。」

宵越「あ?」

井浦「ハッタリじゃなくなったな、“ハット・トリック”。」

そう、宵越はその日初めて…純粋なカバディの技術でハット・トリックを決めたのでした。

宵越の得点により、周りの雰囲気が変わります。

宵越を敵として迎え入れる者や、予想外の失態と同級生の活躍に焦る者…。

会場の注目は1人の素人に向けられます。

王城「……ブレないね…。」

―――ただ1人、高谷煉を除いて。

灼熱カバディ第13話「変わらないモノ変わるモノ」の感想と考察

高谷と宵越がぶつかり合う展開、熱いです!!

高谷は宵越よりも経験がある分、かなり回りが見えていますね。

水澄の奇襲もしっかり把握したうえで対処していました。

一方宵越は全員に一定のプレッシャーを掛けながら守備をコントロールし、大技で得点する…。

今までの経験と数少ない持ち技を使った、勝負慣れを感じる戦い方でした!

鎖を突破した時の“フェイント”も、ボーナスラインを使って利用していましたね!

スポーツIQの高さに脱帽します…!

対して世界組は互いに動きがないですね。

宵越の技は種がバレれば使えません。

王城が出ないまま終わることはないでしょう…。

畦道の焦りや、未知数な六弦の実力…。

不安要素と期待が入り混じる奏和戦、今後も楽しみです!!

アニメ第13話(第1期)は、マンガの2巻に収録

引用:Amazon

2021年4月から「灼熱カバディ」のアニメ第1期の放送が決まりましたね。

そこでアニメ第1期(13話)は、原作マンガの何巻ぐらいなのか紹介したいと思います。

第1期の13話(通算13話)は、原作マンガの2巻ぐらいですね。

アニメの続きが少しでも早く知りたい方は、単行本2巻から読んでみてください。

単行本第2巻には、第8話~第16話まで収録されていますよ。

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です