灼熱カバディ16話

「灼熱カバディ」16話のネタバレ!【最強の盾と矛、勝つのはどちらになるか!】

6 min 66 views

灼熱カバディ 第16話「愛」のネタバレ記事です。

脳京高校に通う1年生・宵越竜哉は、カバディ部1年生・畦道相馬に押し切られカバディ部にを体験することになります。

「イロモノスポーツ」と馬鹿にしていた宵越ですが、練習を続けていく中で、灼熱のように熱いこのスポーツの魅力にのめりこんでいくのでした・・・!

なんといっても“熱さ”が魅力の灼熱カバディ!

“カバディはなぜ、そんなに激しいスポーツなのか?”

を主人公たちの物語が教えてくれる、鳥肌と感動が止まらない展開の連続。

常に前を向いて進む登場人物全ての前向きなストーリー

そして灼熱のような“熱さ”がこの漫画の魅力です!

それでは第16話、参ります!

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第15話第16話第17話

前話(15話)のあらすじ

高谷の猛攻は止まらず、厳しい展開が続く脳京高校…。

宵越も負けじと得点しますが、相手の攻撃終了に合わせて突っ込む“追撃”に反撃されてしまいます…!

攻撃手をすべて奪われ、六弦の攻撃で2回目のローナ!

更に追い込まれる脳京。

加えて畦道は六弦の攻撃で頭を怪我し、交代を余儀なくされます…。

そして、遂に控えから出てきた王城正人

やっと王城と戦えることにテンションを上げる高谷ですが…!

王城は、六弦以外を一瞬でタッチし、ボーナス含め5得点…!

脳京が、反撃の狼煙を上げます!!

灼熱カバディ第16話「愛」のネタバレ

全滅のチャンス

物語は、回想から始まります。

それは中学時代の六弦は、いつもひときわ目立っていました。

そのの理由は恵まれた175㎝78㎏の身体による、力勝負では負け無しの“才能”。

しかし、六弦の他にもう1人、いつも目立っている男が居ました。

六弦とは真逆の身体を持つ細身の男が…。

――――――――――――

王城の攻撃により、高谷が初めて外に出されます。

高谷「…おもしれー技だね…。」

全く同様を見せない高谷ですが、それは王城も同様です。

王城「さ、守備やろう。」

怒涛の5得点で舞い上がりそうになる後輩を、王城は宥めます。

王城「まだ点差はある。喜ぶのは早いよ。」

王城「六弦を潰してローナを頂こう。」

後ろには、攻撃の体勢に入る六弦…。

しかし脳京はフルメンバーの5人、有利は変わりません!

奏和のベンチでは高谷がリズムを取るように集中しています。

高谷「やべーリズム…そりゃ上がっちゃうよね… 六弦さんも…。」

六弦「カバディ…。」

不敵な笑みを浮かべながら、攻撃を開始する六弦。

スピード勝負に持ち込もうとする宵越は六弦を引き付けますが…。

宵越(…何も感じない…?)

まるで王城のような“読めない攻撃で”一気に宵越を狙いに掛かります!

しかし、それは王城も使える技術…一瞬で裏に回って六弦の退路を塞ぎます!

王城「僕が引き付ける!3人…4人で同時に行かないと倒すのは危険だ!!」

宵越「やっぱそれだけの選手かよ!!世界組…!!」

六弦「…カバディ…。」

いくらでも攻め手のあった六弦が、ノータッチのまま自陣に帰還します。。

宵越「か…帰った…?」

水澄「ストラグル入ってねーよな?」

「奏和!!ボーナス1点獲得!!」

しかし、ボーナスでは人数が変わらず、向こうの復活もありません。

王城「六弦…『部長』として良くないな。」

王城「そんなに僕と1対1がやりたいのかい?」

そう、六弦の行動の全ては“王城と戦う”ため。

六弦「……ここしかないのだ。」

六弦がタッチに成功すれば、一番最初に触られた高谷からの復活になります。

もう高谷の油断はないので、1対1の機会は二度とありません。

3年間、王城を倒すことが1番の目標だった六弦には、これが最後のチャンスなのです…。

六弦「俺は守備(アンティ)…ただの『狩人』なのだ。」

六弦「王城正人と言う『獣』を追う、『狩人』だ!!!」

六弦vs王城

王城「カバディ…」

王城の攻撃が、始まります。

お互いに別の心情を持ちながら、対峙に備えて集中力を高めていく両者…。

井浦「…学べ。俺の知る限り個人では最強の守備と攻撃手だ。」

井浦「攻撃時間30秒、その中の一瞬だ。焼き付けろ。」

宵越「…部長の方が強いんだよな…。」

――王城が、動きます。

一瞬で六弦の胸元まで届く、呼吸を利用した“カウンター”のタッチ…!

王城(強豪を選んで何が変わった?)

しかし、六弦はカウンターを自身の反応速度で躱します!

六弦(今ので触られていたな。以前の俺なら。)

更に、そのまま浮いた脚を狙う六弦…!

――――――――――――――――――――――――

彼は、中学から王城を追い掛けていました。

才能に任せた戦い方をする六弦は、血の滲む努力をする王城にいつも勝てません。

真逆のような2人だからこそ、相手を倒すことで得られる勲章があるのです。

六弦が過去に持っていなかったもの、“泥臭い努力家”である勲章を…!

――――――――――――――――――――――――

脚を掴みかける六弦ですが、王城は掴まれる寸前で回避!

寧ろ、脚をわざと残したフェイントのような動きで翻弄します…!

隙の無い攻撃が続きますが、ストラグルには繋がらない状況…!

六弦(触らず帰る…なんて事はないだろう…それとも脚が完治していないのか…。)

ベンチの高谷も、違和感に気付きます。

高谷「…そもそも、なんでケガなんてしてたんだ…?」

王城程のフットワークと技術があれば、並の選手はまずまともに当たれません。

六弦「…王城…!!この3年どれだけ練習した…!?」

六弦は気付きます。

王城が、“自分自身の過剰な練習で脚を壊していたこと”を。

――――その瞬間。

王城の鋭い指先が、六弦の横腹に触れます!

一瞬の隙を、王城は逃しません。

愛の力

タッチされた動揺など捨て、無呼吸で掴みにかかる六弦!

練習によって染みついた動きが彼を動かします!

六弦(着地したその脚!!狩る!!)

しかし、掴もうとした王城の脚は…。

ラダーで染みついた足の回転数により異常な動きを見せ、六弦の照準を惑わせます!

六弦(な…速…その足の回転数は…!?)

もう、六弦には止められません。

王城(僕にとっては“高嶺の花”みたいなモノなんだ。)

自陣に戻る、王城。

王城「誰よりも自分を磨かないと振り向いてくれない。僕と六弦の違いは――…。」

つまり、これにより…。

王城「カバディへの愛の違いだ。僕を追ってるようじゃ…まだまだ…。」

奏和の全滅が、確定します!

六弦「何が…部長としてよくないだ。」

六弦「オーバーワークで脚を壊すような奴がよく言う…!」

勝負には負けたものも、どこか嬉しそうな表情を見せる六弦。

高谷「ははっ、やっぱそういうタイプっすか。六弦さん負けたのに嬉しそう。」

勘付いていたのか、コートに戻りながら話し掛ける高谷。

六弦「…すまない…。」

高谷「オレも好きっすよ。努力家タイプ。」

高谷「それを沈めんのはもっと好きっすね。」

そう、全滅により奏和には高谷が戻ります。

早速攻撃準備を始める高谷ですが…!

井浦「いや、心配ない。ちゃんと調整してもらったからな。」

宵越「調整?」

井浦の調整とは…。

―――――――――ビーーーッ!!!

ハーフタイム終了による、相手の攻撃中断です。

六弦(しまった!!!)

つまり前半は23対15の8点差で終了!

脳京はボーナスとローナをもう一度取れば、点差が並びます!

井浦「こういう“流れ”の作り方もある。」

王城「さぁベンチに行こう。あ、ちゃんと“宵越君”みたいに…」

奏和に向かって、煽るような表情を向ける脳京一同。

王城「楽勝って顔でね。」

六弦「悪そうな顔だな…。」

高谷「あいつらまだ負けてんすよね!?」

前半終了、23-15の奏和8点リードで後半戦に続きます!

灼熱カバディ第16話「愛」の感想と考察

やっと見れました!世界組対決!!

王城のカウンターを完璧に避ける場面や、不意を突かれても即掴みにかかる反射神経は流石でしたが…。

王城の努力によってできた攻撃力には、敵いませんでしたね…!

特にキャッチの照準をズラすフットワークは並の練習じゃ出来ないレベルまで到達していました!

もしかして王城は、世界組最強なのでは…?

そして何といってもカバディへの愛を語るシーンは、イケメンが過ぎましたね!

脚が壊れるほどの鍛錬…想像できません。

王城の力によって縮まった点差と変わりつつある流れ!

問題は高谷を止められるかですが… 正直攻撃力勝負になると思います。

王城の方が攻撃手としては上手ですが、奏和の選手層的に初見殺しのようなカウンターでの速攻は通用しません。

火力勝負、どちらが制するのか… 17話も楽しみですね!

アニメ第16話(第1期)は、マンガの2巻に収録

引用:Amazon

2021年4月から「灼熱カバディ」のアニメ第1期の放送が決まりましたね。

そこでアニメ第1期(16話)は、原作マンガの何巻ぐらいなのか紹介したいと思います。

第1期の16話(通算16話)は、原作マンガの2巻ぐらいですね。

アニメの続きが少しでも早く知りたい方は、単行本3巻から読んでみてください。

単行本第2巻には、第8話~第16話まで収録されていますよ。

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です