灼熱カバディ35話

「灼熱カバディ」35話のネタバレ!【壁にぶつかった畦道が選んだ道とは!?】

7 min 116 views

WEBコミックアプリマンガワン2017年2月7日公開の灼熱カバディ第35話「1人でも」のネタバレ記事です。

脳京高校に通う1年生・宵越竜哉は、カバディ部1年生・畦道相馬に押し切られカバディ部にを体験することになります。

「イロモノスポーツ」と馬鹿にしていた宵越ですが、練習を続けていく中で、灼熱のように熱いこのスポーツの魅力にのめりこんでいくのでした・・・!

なんといっても“熱さ”が魅力の灼熱カバディ!

“カバディはなぜ、そんなに激しいスポーツなのか?”

を主人公たちの物語が教えてくれる、鳥肌と感動が止まらない展開の連続。

常に前を向いて進む登場人物全ての前向きなストーリー

そして灼熱のような“熱さ”がこの漫画の魅力です!

それでは第35話、参ります!

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第34話全話一覧第36話

前話(34話)のあらすじ

1日目のミニゲームが終了し、各々のスコアボードを手にミーティングをする各校の部長たち。

初日から若菜のスピードや佐倉の回転、各校の選手に対する評価で盛り上がります。

しかし、各々の技術が光る中、パッとしない選手が1人…。

唯一、宵越だけは不調のままミニゲームを終えていました。

腐ることなく遅くまで汗を流す宵越。

心配する畦道ですが、宵越は“挑戦する楽しさ”を思い出し、この合宿で超えていくと宣言します!

果たして宵越はこの合宿でレベルアップすることは出来るのか…!!

灼熱カバディ第35話「1人でも」のネタバレ

2日目の朝

畦道「―――――――うおお…!?ここは…そうか…合宿来てんだった…。」

1日目が終わり、2日目の朝。

合宿所の窓から見える景色を見つめながら、畦道は心の中で気合を入れます。

宵越「う~ん…。」

畦道「ヨイゴシはいろいろ悩んでるみてぇだな……――――――!!」

そして宵越は…。

宵越「う゛うん………!!」

畦道「ヨイゴシ起きろーーッ!!!!」

寝相の悪い水澄の脚に首を絞められ、伊達には上から圧し掛かられる状況…。

つまり、三途の川を渡りかけていました…!!

―――――場面は変わり、朝食会場―――――――

水澄「いやー、ごめんって!」

宵越「てめぇら筋肉ダルマを引き剝がすのがどれだけ大変なのかわかってんのか!?死にかけたぞ!!」

水澄「わりーわりー、昨日ちょっと英峰の人とアレしててさ。」

伊達「全裸で汗だくになってな。」

宵越「風呂で話しただけだろが!!」

と、朝から元気な脳京高校。

そこに、英峰のメンバーが挨拶に来ます。

矢代「おはようございます。」

君嶋「いっすー。」

長身の2人の真ん中には、眠そうに目を擦る若菜も居ます。

王城「おはよう。どうかな、一緒に朝ご飯。宵越君の横が空いて……。」

と、言葉を詰まらせる王城。

宵越は生意気で礼儀知らずですから、躊躇うのも無理はありません…。

宵越「ん。」

しかし、宵越が隣の椅子を引いて座るよう催促します…!

若菜「ん?」

宵越「ん!!!」

水澄「『ん!!!』じゃねーよ喋れ!!!!」

まともにコミュニケーションが取れない宵越…。

周囲が笑いの渦に包まれ、若菜は若干警戒しながら宵越の横に座ります。

宵越「別に何もねーよ。ただ少し聞きたい事があっただけだ。」

宵越「俺は攻撃手としてもっと強くなりてぇ。次に勝つ為には…少しでも多くの情報が要るんだ。」

そう、宵越が慣れない態度を取った理由は…情報収集の為。

昨日の負けを引きずらず、悩む時間を無駄だと判断したのです。

その姿を見て安心する王城ですが…。

王城(あとはもう1人か…。)

まだ、宵越の相方は変化が見られないままです。

各校の練習方法

――――――合同合宿2日目、午前七時。

合宿メンバーは、険しい山道を走っていました…!!

右藤「合宿所、外周はこれで1周大体8㎞くらいっす!!」

全員が息を切らす中、余力を残した状態で説明をする右藤。

水澄「8kmつっても勾配があってキツイな…。」

若菜「足場も悪い…。」

右藤「こんな感じで朝はコースを3周します!!」

伊達・水澄「3周!?」

しかも、明日からは罰ゲーム付きの各校競争になるというオマケ付き…。

畦道「明日から競争!面白そうだなぁ!!」

水澄「すげーな畦道…。」

畦道「こういう道は慣れてるんで…。」

元より自然と生きてきた畦道は、特に苦しい様子も見せませんが…。

その畦道の視線は、宵越に向かいます。

呼吸を整えながら、獲物を狙う獣のように佐倉を見つめる宵越に……。

―――――――場面は変わり、柔道場

神畑「では、英峰で行っている守備の練習をやってみよう。皆裸足になってくれ。」

全員が裸足になる中、畦道は練習方法に疑問を持ちます。

畦道「裸足ならマットでもいいんじゃ…。」

伊達「畦道は知らないか…?多分これは有名な野球選手がやってた練習法と同じだぞ。」

そう、この練習は裸足である事が重要なのです。

その理由を、上畑が説明します。

神畑「まず1つ、『足で地面を踏む』感覚を身に着けるため。」

神畑「そして2つ。間違った重心であればすぐに気付ける。」

カバディの守備は位置によって『引き倒す』力も必要になってきます。

つまりこれは、その時にしっかり地面を掴める下半身を鍛えるトレーニングなのです。

練習方法は、3人1組になって1人が攻撃主役。

攻撃手が近づき、守備の1人はすぐに脚を掴んで引きます。

そして、もう1人の守備が後ろに回る…実践に近い形式です。

畦道「そんだけすか…」

神畑「ああ、それだけだ。しかしこれだけで…自分がどれほど雑に着地していたかが分かる。」

実際、その事実は人によって顕著に出てきました。

水澄(やべっ……!)

掴む瞬間に足を滑らせる水澄。

若菜「掴む時に足が滑ったな。着地地点を適当に定めてるからだぞ。」

攻撃手役の若菜がそれを指摘します。

着地はかなりシビアで、掴んで引くまでをワンアクションでやるのが理想…。

更に言えば、裏に回った人との連携で取り囲むまでを一瞬でやるのが最適解なのです。

水澄「かーっ、簡単に言うぜ、強豪は…。」

若菜「え?ワンアクションでやってたじゃん。」

水澄「へ?」

そう、水澄達は無意識にその1つを習得しています。

若菜を1日目のミニゲームで止めた、『ブロッキング』の技術。

本人たちは名前も知らない技術ですが、井浦の手によりそれぞれが無意識に技術を掴まされていたのです。

そして、無意識にこの練習に近い事をやってきた人が脳京に1人…。

右藤「う…お…。すげーな!!無駄がない!!」

矢代「素晴らしいです。」

畦道「あ…どうも…。」

それが、畦道です…!

しかし、矢代の“技”はこの技術の更に上を行っていました。

いくら考えても、答えに辿り着くことが出来ない畦道…。

矢代「どうしました?浮かない顔ですね。」

畦道「!」

その様子に気付いた矢代は、右藤と攻撃主役を交代します。

まるで、間接的に教えるかのように。

畦道(とにかく背の低いおらが特化してんのは足掴む『特攻』…こればっかやってきたんだ。)

迷いを捨て、集中する畦道。

畦道(今は教わった事を……!!)

後ろの動きに合わせて、一瞬で足を掴みます……!!

矢代「―――――――たまに本気で逃げてみるんです。練習気分…掴むだけで満足してしまう部員が出るので。」

結果は、試合なら得点の状況。

矢代は長いリーチを活かし、手を伸ばして試合を想定した動きを見せたのです。

矢代「もしもここが私の自陣なら今ので失点ですよ、畦道君。」

右藤「英峰の守備の考え方、ホントにガチだな…。」

畦道「すんません、まだまだでした!!もう一本お願いします!!」

矢代「ええ…。」

畦道「それとヤシロさん…。」

畦道「昨日のミニゲームのキャッチ、どうやったか教えてもらえないですか?」

羽化していく2人

矢代「教えませんよ。敵じゃないですか。」

畦道「ううっ!」

矢代「そういう素直さは嫌いじゃないですが…教えるのは基本的な事だけです。」

矢代「技術は必死に考えて盗み、身につける。それがスポーツですから。」

そう、考えて盗む…。

思い返せば、いつも当然のように学ばせてもらってきた畦道。

そして―――――――

井浦「うおっ!宵越なんだそれ!?」

宵越「あ?」

井浦「あ?じゃねーよ!お前、足!!」

気付かない間に、足の裏を怪我していた宵越。

宵越「やべっ…畳汚しちまった…。」

佐倉「畳はいいから手当しないと…。」

井浦「なんでこんな事になったんだ?」

宵越「少し試してる事があってよ。意識して負荷かけてたからな…。」

畦道「……。」

宵越は、いつも通りに挑戦しています。

矢代「さて、こちらは続きをやりましょう…。……!!」

宵越を見て、雰囲気の変わる畦道。

――――英峰の練習は終了し、次は脳京の番になります。

脳京の練習方法とは……。

右藤「下がれ下がれ下がれェ!!!ボーナス捨てろ!!!」

脳京が誇る、最強のエース攻撃手。

矢代「キャッチは軽くていい…」

と、その瞬間カウンターで地面に転げる若菜。

若菜「えっ!!?」

王城正人の攻撃を受け続ける、『超高性能攻撃マシーン練習』です!!!

畦道(――――――やっぱそうだよな…。)

練習をしながら、再確認する畦道。

畦道(宵越や…部長見りゃわかる…!!言われた通りの事だけやってる人間の強さじゃねぇ。)

畦道(「仲間と戦う」は仲間に頼る事じゃねぇ…ただ足止めて支援待ってるだけじゃダメだ!)

今まで考えた事もなかった次元…畦道が、そこに向けて歩き始めます。

畦道(考えて手に入れろ…1人でも、戦える技術を!!!)

灼熱カバディ第35話「1人でも」の感想と考察

今回は畦道が主役の成長回でした!!

遂に壁にぶつかってしまった畦道…。

まず前提として“スポーツ初心者”ですから、この壁にはいつかぶつかると思っていました。

教えられた基礎を自分の力で“技”に昇華する…。

難しい事ですが、出来てしまえば一気に成長するチャンスになります!

生まれ持った『センサー』と身体能力を上手く使えば、様々な戦い方が生まれそうですね…!

そして、宵越も“足”を使った新しい技に挑戦している様子…。

合宿中に、どういった進化をするのでしょうか…!!

まだ2日目ですから、最終日の仕上がりが今から楽しみですね!!

アニメ第〇話(第〇期)は、マンガの5巻に収録

引用:Amazon

2021年4月から「灼熱カバディ」のアニメ第〇期の放送が決まりましたね。

そこでアニメ第〇期(〇話)は、原作マンガの何巻ぐらいなのか紹介したいと思います。

第〇期の〇話(通算〇話)は、原作マンガの5巻ぐらいですね。

アニメの続きが少しでも早く知りたい方は、単行本5巻から読んでみてください。

単行本第5巻には、第35話~第44話まで収録されていますよ。

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です