東京卍リベンジャーズ1話ネタバレ【初めてのタイムリープ】

3 min 437 views

2021年4月にテレビアニメの放送開始予定。

同じく7月は北村匠海主演で実写映画公開予定の東京卍リベンジャーズ!

そんな本作は週刊少年マガジンで現在連載中。

ここでは第1話「Reborn」のネタバレを紹介していきます。

全話一覧第2話

東京卍リベンジャーズのあらすじ

舞台は、東京の2017年。

主人公である“花垣武道”(はながきたけみち)は、26歳のフリーターで毎日変わり映えのない底辺の生活を送っていた。

ある日、テレビを見ているとニュースで中学時代の彼女だった“橘日向”(たちばなひなた)が弟の“橘直人”(たちばななおと)と一緒に暴走族「東京卍會」(東卍)の抗争に巻き込まて死亡したニュースを目にする。

その翌日、バイト帰りに誰かによって電車のホームへと突き落とされます。

タケミチは、死を覚悟した瞬間、なぜか12年前の2005年にタイムリープする。

東京卍リベンジャーズ1話「Reborn」のネタバレ

いきなり死亡?

人生唯一の彼女である橘日向の死をニュースで知った一人の男性。

彼はボロアパートの隣人やバイト先でいつも謝罪ばかりしていました。

そんな彼は、何者かに突き飛ばされて線路に落下して死を悟りました。

その瞬間彼が思い出したのは日向の姿でした。

最悪な走馬灯

中学2年生がその男にとっては全盛期でした。

そんな彼の目の前には渋谷駅で電車から降りようとしている中学時代の友人たちの姿。

友人はそんな彼のことを“タケミチ”と呼びました。

そして、鏡を観たタケミチは自分が中学生の姿になっていることに気づき驚きました。

その後、ポケットに入っていたガラケーで日付を確認すると、日付は2005年の7月4日

12年前の今日だったのでリアルな走馬灯と思いました。

ちなみに、タケミチたちが渋谷にやってきたのは渋谷三中の2年と戦争をするためでした。

早速渋谷三中の生徒を見つけたので友人たちは絡みますが、彼らは1年でした。

その後も話しかけても2年生ではなかったので、友人たちはそのことに疑問を持っていました。

そして、タケミチはこの時あることを思い出しました。

友人たちが2年生を探していることを知ってガラの悪い3年生が声をかけてきました。

ここで明らかになったのは、2年生は修学旅行でいなかったことでした。

彼らに対して、山岸はマサルに話を通していることを説明。

しかし、そのことを知った一人は一緒にいたマサルにパシリを強要。

その後、3年生にフルボッコにされてしまうのでした。

さらに3年生の一人から東京卍會の兵隊を強要。

この先のことを思い出したタケミチは中学卒業後のことを思い出しました。

一人の男の子との出会い

さっきの3年生が“東京卍會”と言っていたので日向の死が彼らのせいだと思ったタケミチ。

しかし、これがわかっても自分には関係ないことだと思っていました。

同時に、日向の姿がどんなものかを思い出すために彼女に家に向かいました。

彼女の姿を見るや否や、タケミチは涙が止まらなくなってしまいました。

満足して帰ろうとしたタケミチは公園で不良に絡まれていた一人の男の子を救うために殴り飛ばしたり、瓶を割って脅しました。

彼が助けたのは日向の弟のナオト。

そのことを知ったタケミチは、12年後の7月1日に日向が亡くなることを伝えてから、彼に姉を守って欲しいことを伝えました。

最後に約束の証として2人は握手をしました。

変化した未来

握手をした直後、タケミチは駅のホームで目を覚ましました。

ちなみに、日付は2017年の7月4日。

タケミチは自分が生きていることにびっくりしました。

そして、彼を助けた人物が登場。

その人物はナオトでした。

彼は12年前にタケミチに言われたこときっかけに刑事になっていました。

さらに、タケミチがタイムリープをしたことで未来を変えたけれども、

日向が亡くなるということは変えることができませんでした。

しかし、ナオトはタケミチと協力をすれば日向が死なない未来を変えることができると思っていました。

東京卍リベンジャーズ1話「Reborn」の感想考察

いきなり主人公が死んで12年前に転生(?)と思ってしまいましたが、実際はタイムリープという現象で時を遡るという展開。

その結果、本来亡くなるはずだったナオトは生存。

ちなみに、現代に戻る際にナオトと握手をしていたので、タイムリープはナオトとの握手でできるに違いないと思います。

この先、日向を救うための戦いに身を投じると思うのですが、どんな展開が待っているのか楽しみです。

第1話のまとめ
  • ニュースで彼女だった「橘日向」とその弟「橘直人」が死んだことを知る
  • 【2017年7月4日】→【2005年7月4日】にタイムリープする
  • “東京卍會”の奴らと喧嘩して、ボコボコにされる
  • 橘日向に会いに行き大好きだったことを思い出す
  • その帰り公園でカツアゲされそうな少年を助ける
  • その少年が「橘直人」だった
  • 直人にタイムリープのことや12年後の7月1日に日向が死ぬことを伝える
  • 「助けろ」と伝え、握手すると【2017年7月4日】に戻っていた
  • そこにいたのは、刑事になった「直人」だった
  • しかし、「橘日向」は助からず死んでいた

アニメ第1話は、マンガの1巻に収録

2021年4月から東京卍リベンジャーズのアニメ放送が決まりましたね。

そこでアニメ第1期は、原作マンガの何巻ぐらいなのか紹介したいと思います。

第1期の1話は、当たり前ですが原作マンガの1巻に収録されています。

アニメの続きが少しでも早く知りたい方は、単行本1巻から読んでみてください。

単行本第1巻には、第1話~第5話まで収録されていますよ。

東京卍リベンジャーズを無料で読む方法

ネタバレを紹介しましたが、やっぱり絵が付いた状態で読みたいですよね~。

そこで、おすすめの方法を紹介します。

単行本を無料で読むなら「U-NEXT」がおすすめ

U-NEXTは、31日間の無料期間があるのでその間アニメや映画、ドラマを見放題!

しかも、無料登録後すぐに600ポイント貰えるので、それでマンガ(電子書籍版)を購入することが可能。

実質、0円でマンガだけでなく、アニメまで楽しめるのでおすすめです。

全話一覧第2話
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です