東京卍リベンジャーズ2話ネタバレ【過去でやるべきタケミチの使命】

3 min 291 views

2021年4月にテレビアニメの放送開始予定。

同じく7月は北村匠海主演で実写映画公開予定の東京卍リベンジャーズ!

そんな本作は週刊少年マガジンで現在連載中。

ここでは第2話「Resist」のネタバレを紹介していきます。

第1話全話一覧第3話

前話(1話)のあらすじ

何者かに線路に落とされたタケミチは12年前の姿に!

そんな彼は、一緒にいた友人と不良にボコボコにされてしまいました。

その後、当時付き合っていた恋人の橘日向に会いにいき、帰りに不良に絡まれた弟のナオトを救いました。

ナオトに未来のことを話し握手をした途端、タケミチは大人の姿に!

そして、刑事になったナオトからタイムリープをしたことで未来を変えたことと日向を協力して救って欲しいことを告げるのでした。

第1話のポイント
  • ニュースで彼女だった「橘日向」とその弟「橘直人」が死んだことを知る
  • 【2017年7月4日】→【2005年7月4日】にタイムリープする
  • “東京卍會”の奴らと喧嘩して、ボコボコにされる
  • 橘日向に会いに行き大好きだったことを思い出す
  • その帰り公園でカツアゲされそうな少年を助ける
  • その少年が「橘直人」だった
  • 直人にタイムリープのことや12年後の7月1日に日向が死ぬことを伝える
  • 「助けろ」と伝え、握手すると【2017年7月4日】に戻っていた
  • そこにいたのは、刑事になった「直人」だった
  • しかし、「橘日向」は助からず死んでいた

東京卍リベンジャーズ2話「Resist」のネタバレ

タケミチに課せられた使命

ナオトと出会ったタケミチ。

彼はナオトの部屋で2日間監禁されて東京卍會の知識を叩き込まれました。

そこで明らかになたのは、日向が東京卍會の抗争に巻き込まれて亡くなったとうことでした。

そして、ナオトはタイムリープの欠点について考えたことを話しました。

それは、12年前の今日にしか行くことができないということでした。

そこで、彼は今できることとしてある人物を出会わせないとようにしようと思っていたので、その使命をタケミチに課しました。

“佐野万次郎”と“稀咲鉄太”

この2人が出会ったから今の東京卍會が存在するので、タイムリープでその出会いを阻止しようと思っていました。

タケミチは自分がやるべきことはわかりましたが、どうやって過去にいくのかわかりませんでした。

しかし、ナオトは自分との握手でできることを知っていました。

そして、2人は握手をしました。

喧嘩賭博

タイムリープしたタケミチ。

彼の目の前には臨戦態勢の不良。

さらに、周りには不良たちが盛り上がっていました。

この状況を理解できないタケミチは一撃で倒されてしまいました。

目覚めた彼に、不良は賭けをしていたことを打ち明けました。

そして、階段の上には渋谷三中の清水将貴がいました。

彼が告げたのは、ここでやっているのは喧嘩賭博ということ。

そして、仲間にタケミチにヤキを入れるよう指示しました。

ボコボコにされたタケミチは帰ろうとす将貴(キヨマサ)に佐野か稀咲に会いたいことを告げると、キヨマサは激怒。

彼はタケミチのことをバッドで何度も叩きつけました。

時刻は20時を少し過ぎたところ。

気絶していたタケミチを起こしたキヨマサは次に佐野の名前を言ったら殺すと脅しました。

死なせたくない人

未来に帰りたいと思ったタケミチはナオトに会いにいくために橘家に行きますが誰も出ませんでした。

自宅の前に彼の姿があったので日向(ヒナ)が声をかけました。

その後楽しそうに話してから帰るタケミチは彼女を死なせるわけには行けないと思いました。

タケミチの宣戦布告

翌日、トイレに集まったタケミチやその友人たち。

そこで明らかになったのは、今日の喧嘩賭博にタクヤが出ることになったことでした。

放課後、たくさんの不良が集まる中、タクヤと桜中の小島の夜バトルが始まろうとしていました。

キヨマサが開始の宣言をした直後、タケミチが止めました。

立ち向かうことを決めたタケミチは観客に面白いものを見せるためにある提案をしました。

それは、自分がキヨマサとタイマン勝負をするというものでした。

その提案を聞いたキヨマサは、タケミチのことをタバコを吸いながら睨みつけました。

東京卍リベンジャーズ2話「Resist」の感想考察

自分がタイムリープでやるべきことを知ったタケミチ。

しかし、タイムリープ先でボコボコにされてしまい無理だと思ってしまいました。

いきなりあんな場所にやってきたらそう思うのも当然かもしれないですね。

しかし、ヒナと再会したことで決意を固めたようで、キヨマサに宣戦布告しました。

負け戦かもしれないですが、タケミチには頑張って欲しいです。

第2話のまとめ
  • ヒナタは、東京卍會によって死んだ
  • タイムリープの欠点「12年前の今日」にしか行けない
  • “佐野万次郎”と“稀咲鉄太”が重要なキーマン
  • タイムリープのトリガーは、ナオトと握手すること
  • 再度、12年前(2005年)に戻るタケミチ

アニメ第2話は、マンガの1巻に収録

2021年4月から東京卍リベンジャーズのアニメ放送が決まりましたね。

そこでアニメ第1期は、原作マンガの何巻ぐらいなのか紹介したいと思います。

第1期の2話は、当たり前ですが原作マンガの1巻に収録されています。

アニメの続きが少しでも早く知りたい方は、単行本1巻から読んでみてください。

単行本第1巻には、第1話~第5話まで収録されていますよ。

東京卍リベンジャーズを無料で読む方法

ネタバレを紹介しましたが、やっぱり絵が付いた状態で読みたいですよね~。

そこで、おすすめの方法を紹介します。

単行本を無料で読むなら「U-NEXT」がおすすめ

U-NEXTは、31日間の無料期間があるのでその間アニメや映画、ドラマを見放題!

しかも、無料登録後すぐに600ポイント貰えるので、それでマンガ(電子書籍版)を購入することが可能。

実質、0円でマンガだけでなく、アニメまで楽しめるのでおすすめです。

第1話全話一覧第3話
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です