東京卍リベンジャーズ28話

東京卍リベンジャーズ28話ネタバレ【ドラケンを救うミッションの結果は?】

5 min 3,498 views

2021年4月にテレビアニメの放送開始予定。

同じく7月は北村匠海主演で実写映画公開予定の東京卍リベンジャーズ!

そんな本作は週刊少年マガジンで現在連載中。

ここでは第28話「Reel」のネタバレを紹介していきます。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第27話全話一覧第29話

前話(27話)のあらすじ

アッくんたちと戦うキヨマサの仲間は救急車とパトカーがやってきたのでキヨマサを見捨てて逃走。

一方、半間は逃げる際に“芭流覇羅”というチームが誕生することと自分がそのチームの初代副総長であることを告げました。

そして、救急搬送されたドラケンはタケミチに助けたことへの感謝を告げたりマイキーを託した直後に心肺停止に陥ってしまいました。

第27話のポイント
  • 溝中五人衆がタケミチとドラケンを助ける
  • 警察と救急車が来たので、敵は逃げて行く
  • 東卍vs.愛美愛主は、東卍の優勢で片付きつつあった
  • マイキーvs.半間は決着つかず、半間の逃走で終わった
  • 去り際、半間は「もうすぐ関東最凶の暴走族連合が誕生する!」と言った
  • 半間は、その暴走族「芭流覇羅(バルハラ)」の初代”副総長”
  • ドラケンは、救急車の中で意識を失う
  • ドラケンの元へバイクを飛ばすマイキー

東京卍リベンジャーズ28話「Reel」のネタバレ

手術の行方

バイクで急いでどこかに向かうマイキー。

一方、病院に到着するや否やドラケンの緊急手術が始まりました。

医師から覚悟するよう言われると、エマは泣いてしまいました。

そこに三ツ谷とぺーやんが駆けつけ、タケミチはキヨマサのことや病院に着く前にドラケンが心肺停止になったを説明しました。

続いてやってきたマイキーは手術室の近くのベンチに座って待ちました。

この時彼はドラケンの無事を信じていました。

なぜなら、ドラケンは昔から有言実行してきた人。

そして、自分とは天下を取ることを約束してるので、彼が約束を守らずに死ぬことは絶対にないと思っていました。

なので、タケミチたちにもドラケンのことを信じて欲しいと頼みました。

手術中のライトが消えたのでみんなは扉が開くのを立って待ちましました。

そして、手術室から出てきた医師が手術の成功を告げるとタケミチはガッツポーズをしました。

パーちんを一番考えていたのは?

三ツ谷は外にいる東京卍會の仲間にドラケンの無事を伝えに行こうとしますが、ぺーやんは行くのを拒否しました。

そんな彼に対して、三ツ谷はドラケンが一番パーちんを考えていたことを明かしました。

パーちんの逮捕後、親族しか面会に行けないにも関わらず彼の親と毎日一緒に面会に行っていました

しかし、ドラケンはパーちんに会うことができないので彼の親が面会している最中は一人で外で待っていました。

パーちんのことを思っていたドラケンをハメたので、三ツ谷はパーちんに謝るよう指示しました。

そして、三ツ谷が「おかえり」と言うとぺーやんは泣き出してしまいました。

ミッション完了!

病院の外に出ると雨が止んでいました。

しかも、日付が変わって8月4日になっていました。

タケミチのミッションは8月3日にドラケンを救うこと。

そして、今は8月4日。

その結果、ドラケンを救うというミッションを成功することができたので、喜びのあまり涙を流しました。

その後、三ツ谷が東京卍會のメンバーに話をしている最中にタケミチには気になることがありました。

それは、マイキーの姿がなかったことでした。

どこに行ったのか気になったのでタケミチは探しに行きました。

そして、マイキーを見つけたので声をかけようとしますが、途中でやめてしまいました。

なぜなら、ドラケンが生きていることに喜んだ彼が号泣していたからです。

その姿を見て手術室の前で彼はみんなを励ますために気丈に振る舞っていたことが今回一番辛いのは彼だったということにタケミチは気づきました。

東京卍リベンジャーズ28話「Reel」の感想と考察

ドラケンの手術は成功でした。

助かってよかったです。

そして、三ツ谷によってあきらかになったパーちんの逮捕後のドラケンについて。

パーちんを想っているのであればぺーやんもドラケンくらい行動したほうがよかったのではと思ってしまいました。

そして、病院から出たら8月4日になっていたのでミッション成功となりました。

次回で現代に戻るのでしょうか?

気になりますね。

第28話のまとめ
  • ドラケンの手術は、無事成功して死ぬことはなかった
  • ドラケンは、パーちんの面会に毎日行っていた
  • 手術が終わったころには、ドラケンが死ぬはずだった8月3日を過ぎていた
  • タケミチの「ドラケンを救う」というミッションは成功した

マンガ第28話は、単行本の4巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第28話」は、単行本の「第4巻」に収録されていますよ。

単行本第4巻には、「第24話~第33話」まで収録されています。

「第28話」の続きを読みたい方は、単行本「第4巻」から手に取ってみてください!

第4巻:目次
  • 第24話「Revoke」
  • 第25話「Rerise」
  • 第26話「Realize」
  • 第27話「Regain」
  • 第28話「Reel」
  • 第29話「Respect」
  • 第30話「Recept」
  • 第31話「Recognize」
  • 第32話「Rebuild」
  • 第33話「Revenge」

「東京卍リベンジャーズ」アニメ第1期が2021年4月から放送!

引用:YouTube

「東京卍リベンジャーズ」がついにテレビアニメで放送することが決定しましたね!

アニメ化を待っていた方も多いのではないでしょうか⁉
かく言う、私もその内の一人です!

原作マンガとアニメでは、ストーリーにどんな違いが出るのかも楽しみの一つですよね。

ここでは、アニメに関する情報を紹介したいと思います。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • MBS毎日放送:4月10日より毎週土曜日 26:08~
  • テレビ東京:4月11日より毎週日曜日 25:35~
  • テレビ愛知:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • テレビ北海道:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • TVQ九州放送:4月11日より毎週日曜日26:35~
  • BS朝日::4月18日より毎週日曜日23:00~
  • AT-X::4月12日より毎週日曜日21:30~
  • 山陰中央テレビ:4月14日より毎週水曜日25:35~
  • 琉球朝日放送:4月15日より毎週木曜日26:15~
  • RKK熊本放送:4月23日より毎金日曜日26:25~

【主題歌】

  • OP:「Cry Baby」/ 歌:Official髭男dism
  • ED:「ここで息をして」/ 歌:eill

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です