「東京卍リベンジャーズ」第51話ネタバレ【ついに始まる決戦】

5 min 6,385 views

「東京卍リベンジャーズ」は、和久井健さんが週刊少年マガジンで2017年3月から連載している漫画です。

これまでのヤンキー漫画ではなかった、SFの要素が合わさった作風が特徴。

2021年4月から「東京リベンジャーズ」のタイトルでテレビアニメも始まる話題作です。

さらには、北村匠海さんや山田裕貴さん、今田美桜さんなどを起用した実写映画も公開されます!

そんな、「東京卍リベンジャーズ」の第51話【Open fire】のネタバレ・感想記事です。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第50話全話一覧第52話

前話(50話)のあらすじ

東京卍會と芭流覇羅の決戦前夜。

タケミチは千冬と共に、場地に会います。

千冬は場地に東京卍會に返って来るように言います。

しかし場地はそれを否定してマイキーは敵だと言って去っていきました。

その夜の決起集会では、マイキーは芭流覇羅と戦う宣言。

けれども場地は取り戻すとの付け加えました。

それには東京卍會のメンバーは盛り上がります。

それを聞いていた稀咲は意味深な言葉を…。

前話のポイントまとめ
  • 千冬とタケミチは、場地と会って戻ってくるように説得するが失敗
  • 東卍の決起集会でマイキーが「場地を連れ戻す」と宣言する
  • それを聞いた稀咲が「これだ、オレが欲しかったのは」と呟く

東京卍リベンジャーズ第51話「Open fire」ネタバレ

決戦会場にて

ついに決戦当日になりました。

決戦となる会場では、見たこともない不良たちが集まっています。

その状況を不思議がるタケミチに、千冬はこの不良たちは観客だと告げます。

それだけ周りは、東京卍會と芭流覇羅という大勢力の不良の抗争に興味があったのです。

また不良たちの中には、東京を代表する面子も集まっていました。

例えばクールなイケメンたちである六本木の灰谷兄弟。

またデブであるのに呼び名が「ガリ男」である、

化け物の様に強いと言われる上野の猛者もいました。

そこにICBMと言うチーム名の特攻服を着た、チームリーダー阪泉が登場しました。

阪泉は、今回の抗争のレフェリー的な役割の人物。

その阪泉が会場の中心で掛け声をかけると、

両勢力の不良たちは会場内に入ってきたのでした。

向かい合う不良たち

どちらも100人を越える大集団となる両勢力の不良たち。

東京卍會のメンバーは、卍の旗を掲げて意気揚々と現れます。

そこにはマイキーやドラケンだけでなく、部隊長たちの姿もありました。

対する芭流覇羅は、トレードマークの首のない天使の旗を掲げて登場。

半間や一虎だけでなく、知らない猛者らしき姿も見えます。

そして両者は会場の中央へと歩みを進めてきます。

緊張する空気感の中、タケミチも千冬と共に、東京卍會へと合流したのでした。

開戦の口火

決戦会場でもマイキーの名前は有名でした。

周りのギャラリーが騒ぐ中、レフェリーをしている阪泉にお礼を伝えます。

阪泉はその言葉に「ぐだらない戦いをするなら俺が潰す」と軽口を返します。

そして両者の代表を集めて、決戦を始めようとしました。

中央には、阪泉が見守る中、ドラケンと一虎が睨み合います。

阪泉は5対5による選抜戦か、全てのメンバーによる総力戦かを決めるように提案。

ドラケンはどちらでも良いと言い、

勝った時に壱番隊隊長であった場地圭介の返還を希望します。

それに対して一虎は、その言葉が予想外のようでしたが、すぐに笑みを浮かべて反論します。

場地圭介は自分の意思で芭流覇羅に来たのだと…。

しかしドラケンは一虎の話を考慮せずに、場地圭介の返還を再び要求。

その態度に一虎は怒りを覚えて険悪なムードになります。

その様子に対して、阪泉が仲裁に入ろうとします。

しかし一虎はいきなり阪泉を殴り飛ばします。

そしてさらにボディにもう1発攻撃を喰らわせて、阪泉を気絶させてしまいました。

一虎は笑みを浮かべながら、ドラケンを見ます。

そしてルールは無用だと宣言。

東京卍會に宣戦布告をします。

さらに半間が戦いを始めると叫びます。

すると両者はその言葉に反応。

そしていきなり、全勢力のぶつかり合いとなる抗争が始まったのでした。

東京卍リベンジャーズ第51話「Open fire」の感想と考察

東京卍會と芭流覇羅の決戦が始まりました。

会場はもっと殺伐としていると思いましたが、

何か不良のお祭りのようにも見えて不思議でした。

とはいえ実際の決戦自体は、やばい雰囲気です。

審判的な不良をも殴り飛ばして、ルール無用状態で始まる戦い。

はたしてどうなっていくのでしょうか?

第51話のポイントまとめ
  • 東京卍會と芭流覇羅の決戦が始まる
  • この決戦は東京中の不良が注目している
  • 東京卍會は場地圭介の返還を宣言している
  • 一虎の暴走で、全面対決の乱闘が始まった

マンが第51話は、マンガの6巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第51話」は、単行本の「第6巻」に収録されていますよ。

単行本第6巻には、「第43話~第51話」まで収録されています。

「第51話」の続きを読みたい方は、単行本「第7巻」から手に取ってみてください!

第6巻:目次
  • 第43話「In those days」
  • 第44話「Screw up」
  • 第45話「Take out on」
  • 第46話「Made up my mind」
  • 第47話「Level with」
  • 第48話「No  Way」
  • 第49話「Grow apart」
  • 第50話「Before dawn」
  • 第51話「Open fire」

「東京卍リベンジャーズ」アニメ第1期が2021年4月から放送!

引用:YouTube

「東京卍リベンジャーズ」がついにテレビアニメで放送することが決定しましたね!

アニメ化を待っていた方も多いのではないでしょうか⁉
かく言う、私もその内の一人です!

原作マンガとアニメでは、ストーリーにどんな違いが出るのかも楽しみの一つですよね。

ここでは、アニメに関する情報を紹介したいと思います。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • MBS毎日放送:4月10日より毎週土曜日 26:08~
  • テレビ東京:4月11日より毎週日曜日 25:35~
  • テレビ愛知:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • テレビ北海道:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • TVQ九州放送:4月11日より毎週日曜日26:35~
  • BS朝日::4月18日より毎週日曜日23:00~
  • AT-X::4月12日より毎週日曜日21:30~
  • 山陰中央テレビ:4月14日より毎週水曜日25:35~
  • 琉球朝日放送:4月15日より毎週木曜日26:15~
  • RKK熊本放送:4月23日より毎金日曜日26:25~

【主題歌】

  • OP:「Cry Baby」/ 歌:Official髭男dism
  • ED:「ここで息をして」/ 歌:eill

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事