「東京卍リベンジャーズ」第77話ネタバレ【過去に戻ったタケミチは…】

5 min 4,182 views

「東京卍リベンジャーズ」は、和久井健さんが週刊少年マガジンで2017年3月から連載している漫画です。

これまでのヤンキー漫画ではなかった、SFの要素が合わさった作風が特徴。

2021年4月から「東京リベンジャーズ」のタイトルでテレビアニメも始まる話題作です。

さらには、北村匠海さんや山田裕貴さん、今田美桜さんなどを起用した実写映画も公開されます!

そんな、「東京卍リベンジャーズ」の第77話【Gotta go】のネタバレ・感想記事です。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第76話全話一覧第78話

前話(76話)のあらすじ

直人によって警察に捕まったタケミチ。

そこで衝撃の映像を見せられます。

それは何と、タケミチがヒナを殺す指令を出している映像。

タケミチは助けたかったはずのヒナを、殺してしまった現実に絶望します。

どれだけ頑張っても世界がますます悪くなると叫びます。

そのタケミチに直人は、タケミチが自分だけでなく多くの人々を救っていると話しかけ…。

前話のポイント
  • タケミチが警察に捕まり、直人から映像を見せられる
  • 映像にはアッくんに人殺しの指示を出しているタケミチが⁉
  • その殺した人は、“ヒナ”であった
  • 稀咲にハメられたと喚き散らすタケミチの姿もあった
  • 戻ってきたタケミチは、その事実に絶望する
  • 直人は、そのタケミチを必死に元気づける

東京卍リベンジャーズ第77話「Gotta go」ネタバレ

タケミチは再び過去へ

直人の励ましに、タケミチは寂しそうな顔をします。

そして今回の過去で、自分が東京卍會の1番隊の隊長になった事実を教えます。

それでタケミチは、この世界が少しは良くなっているかと思っていました。

しかし現実は良くならなかったと告白します。

しかもヒナを、自分の指令で殺してしまったと嘆きます。

それに対して直人は、ある推論を話します。

東京卍會に関係ないはずなヒナが、必ず殺されているのはおかしい…。

そのため稀咲が、ヒナとタケミチに何か思い入れがあると推理します。

稀咲のおかしさには、タケミチは心当たりがありました。

頭の中には、「ヒーロー」と呼びながら自分を拳銃で撃とうとする稀咲が浮かびます。

しかし、それについて相談する時間はありませんでした。

扉を叩く音がして、タケミチが留置所へ行く時間が近づいてきたのです。

そのため直人は、タケミチに手を差し出し「今しかない」とすぐにタイムリープするべきと伝えます。

そして今回は、タケミチと稀咲の繋がりを調べるべきと助言をします。

タケミチは過去へ向かいながら、頭を整理します。

千冬と一虎のお陰で、元黒龍組と稀咲がマイキーをおかしくしており、それをなんとかするのが目的。

それによりヒナを今度こそ救うと決意します。

過去はボーリング場

タケミチが過去にたどり着くと、そこはボーリング場でした。

しかもタケミチが、華麗なポーズでストライクを決めた瞬間。

タケミチは、あまりにも予想外のタイミングの到着に頭がついていきませんでした。

またボーリングにはヒナと来ており、目の前にはタケミチのストライクに喜ぶヒナが…。

現代では死んでしまったヒナが、ここでは生きているのに、タケミチは目に涙を浮かべてしまいました。

タケミチは、自分がこの頃ボーリングを趣味にしていたのを思い出していました。

ヒナとのボーリングを楽しみながら、4連続ストライクを目指すタケミチ。

タケミチは4連続ストライクを達成するも、隣には同時にストライクを取る人物がいたのでした。

キーマンの1人・八戒

隣にいた人物は、何処かで見覚えがある男子でした。

そう考えていると、向こうから「タケミチか」と呼ばれて驚きます。

そして男子は、2番隊の副隊長の柴八戒と名乗りました。

タケミチは目の前にいる八戒が、現代で幹部であった人物だと気づきます。

そしてタケミチは、黒龍の一員であるはずの八戒が、東京卍會に所属している状態に驚いていたのでした

東京卍リベンジャーズ第77話「Gotta go」の感想と考察

過去にタケミチが戻りました。

状況は悪化しているとはいえ、現代を立て直す多くのヒントも得られています。

たらればのことはたくさんありますが、とりあえずタケミチは頑張って欲しいです。

そんなタケミチの前に、いきなりマイキーを変えた要注意人物が…。

この出会いは、今回のタイムリープに大きな変化をもたらすのでしょうか?

第77話のまとめ
  • タケミチは、再度タイムリープをする
  • 今回の目的は稀咲がタケミチとヒナに執着している原因を探すこと
  • また、マイキーを狂わす稀咲と黒龍をマイキーから離そうとしている
  • 過去に戻るとそこはボーリング場
  • そこでタケミチは黒龍の1人で要注意人物“八戒”に会う
  • 八戒はなぜか“黒龍”ではなく“東京卍會”の弐番隊 副隊長⁉

マンが第77話は、マンガの9巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第77話」は、単行本の「第9巻」に収録されていますよ。

単行本第9巻には、「第71話~第79話」まで収録されています。

「第77話」の続きを読みたい方は、単行本「第9巻」から手に取ってみてください!

第9巻:目次
  • 第71話「Same old same old」
  • 第72話「An old tale」
  • 第73話「A crybaby」
  • 第74話「Get back」
  • 第75話「Let one down」
  • 第76話「It is what it is」
  • 第77話「Gotta go」
  • 第78話「Hey,pal」
  • 第79話「Fuck off」

「東京卍リベンジャーズ」アニメ第1期が2021年4月から放送!

引用:YouTube

「東京卍リベンジャーズ」がついにテレビアニメで放送することが決定しましたね!

アニメ化を待っていた方も多いのではないでしょうか⁉
かく言う、私もその内の一人です!

原作マンガとアニメでは、ストーリーにどんな違いが出るのかも楽しみの一つですよね。

ここでは、アニメに関する情報を紹介したいと思います。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • MBS毎日放送:4月10日より毎週土曜日 26:08~
  • テレビ東京:4月11日より毎週日曜日 25:35~
  • テレビ愛知:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • テレビ北海道:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • TVQ九州放送:4月11日より毎週日曜日26:35~
  • BS朝日::4月18日より毎週日曜日23:00~
  • AT-X::4月12日より毎週日曜日21:30~
  • 山陰中央テレビ:4月14日より毎週水曜日25:35~
  • 琉球朝日放送:4月15日より毎週木曜日26:15~
  • RKK熊本放送:4月23日より毎金日曜日26:25~

【主題歌】

  • OP:「Cry Baby」/ 歌:Official髭男dism
  • ED:「ここで息をして」/ 歌:eill

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事