「東京卍リベンジャーズ」第119話ネタバレ【マイキーの死にタケミチは】

5 min 2,915 views

「東京卍リベンジャーズ」は、和久井健さんが週刊少年マガジンで2017年3月から連載している漫画です。

これまでのヤンキー漫画ではなかった、SFの要素が合わさった作風が特徴。

2021年4月から「東京リベンジャーズ」のタイトルでテレビアニメも始まる話題作です。

さらには、北村匠海さんや山田裕貴さん、今田美桜さんなどを起用した実写映画も公開されます!

そんな、「東京卍リベンジャーズ」の第119話【Too late to be sorry】のネタバレ・感想記事です。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第118話全話一覧第120話

前話(118話)のあらすじ

マイキーは、自身の殺害をタケミチに依頼。

それに対してタケミチは、そんなことを止めるように必死にマイキーを説得しようとします。

しかしマイキーは、「邪魔なものは消せばよい」と考えるようになった自分の心境を伝えて自分の心の変化を説明。

さらに詰め寄るタケミチに怒り、タケミチの頭に拳銃を押し付けます。

そんなマイキーの顔には涙が流れ、その場には銃声が…。

前話のポイント
  • マイキーは自身の殺害をタケミチに依頼
  • 「邪魔なものは消せばよい」と考えるようになった自分の心境を教える
  • タケミチの必死の説得にマイキーは混乱
  • タケミチに銃を押し付ける
  • マイキーは涙を流してその場には銃声が…

東京卍リベンジャーズ第119話「Too late to be sorry」ネタバレ

マイキーの真意

タケミチは、フィリピンの廃墟でマイキーに拳銃を突き付けられていました。

そうしてマイキーに撃たれそうになった時、銃声がしてマイキーの頭に衝撃が走ります。

それによりマイキーはその場に倒れ込みます。

死を覚悟していたタケミチは、命が助かったことに驚きます。

その場で息を切らします。

するとそこに、銃を構えた直人が現れました。

直人に気づいたタケミチは、次にマイキーの安否を確認。

そこでマイキーが、撃たれてしまっているのに気付きます。

タケミチは、頭から血を流すマイキーに駆け寄ると、それを直人は止めようとします。

しかしマイキーの持っていた拳銃には、安全装置がかかっていて撃つことが出来ませんでした。

そのことで、直人はマイキーがタケミチを撃つつもりがなかったことに気づきました。

マイキーの遺言

タケミチは、マイキーを抱き起こして名前を呼び続けます。

しかしマイキーの意識はありません。

そのためタケミチがマイキーの名を叫んだ時、マイキーの声が聞こえます。

そのマイキーの言葉は、直人への感謝でした。

タケミチには、自分を殺せないと思ったとの考えを伝えたマイキー。

「やっと終わる」と安心したような顔をして、死ぬことに何か嬉しそうな表情を見せました。

タケミチは、瀕死のマイキーに話しかけ続けます。

そこでタケミチは、「自分がタイムリープできる」という秘密を暴露します。

過去を変えて見せるとの決意を伝えます。

だから悲しいことを話さないでと、涙を流してお願いします。

するとマイキーは、タケミチに感謝します。

タケミチの話を信じていない様子で、「嘘でも嬉しい」との言葉を残したマイキー。

タケミチに対して、「手があったかい」と遺言をしてその場で力尽きました。

マイキーの死にタケミチは…

その後、死んだマイキーの体を抱き上げたまま、タケミチは涙します。

マイキーの死を信じられず、マイキーの名前を呼びます。

するとタケミチの頭には、マイキーとの思い出が駆け巡りました。

それは自分に向けてマイキーが話した思いでの言葉の数々…。

全てのマイキーは、穏やかな顔を見せていました。

そうしてしばらくの間、タケミチはマイキーを抱きしめています。

直人が、タケミチの名前を呼んでも反応を示しません。

しかしタケミチは、抱きしめながらマイキーを救うと誓います。

そして死んだマイキーに涙を流しながらも、決意を秘めた目を見せていたのでした。

東京卍リベンジャーズ第119話「Too late to be sorry」の感想と考察

マイキーの悲しい死を表現した回。

マイキーが、悪に染まった自分に苦しんでいたのが明かされました。

原因は分かりませんが、マイキーが自分を救ってほしいという気持ちは分かりましたね。

タケミチがそんなマイキーを救いたい強い決意を見せる中、

マイキーを変えた原因を探るのが次のミッションなのでしょうか?

第119話のまとめ
  • マイキーは現れた直人に撃たれてしまう
  • マイキーの銃には安全装置が…
  • 直人が自分を撃ってくれたことを感謝する
  • マイキーは苦しみだけの人生だったことを告白
  • マイキーは死亡しタケミチはマイキーを救う決意を固める

マンが第119話は、マンガの14巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第119話」は、単行本の「第14巻」に収録されていますよ。

単行本第14巻には、「第117話~第125話」まで収録されています。

「第119話」の続きを読みたい方は、単行本「第14巻」から手に取ってみてください!

第14巻:目次
  • 第117話「Last order」
  • 第118話「Life comes and goes」
  • 第119話「Too late to be sorry」
  • 第120話「Can take it」
  • 第121話「Last but not least」
  • 第122話「Twin to dragon」
  • 第123話「You’re not my type」
  • 第124話「When it rains,it pours」
  • 第125話「Brother in arms」

「東京卍リベンジャーズ」アニメ第1期が2021年4月から放送!

引用:YouTube

「東京卍リベンジャーズ」がついにテレビアニメで放送することが決定しましたね!

アニメ化を待っていた方も多いのではないでしょうか⁉
かく言う、私もその内の一人です!

原作マンガとアニメでは、ストーリーにどんな違いが出るのかも楽しみの一つですよね。

ここでは、アニメに関する情報を紹介したいと思います。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • MBS毎日放送:4月10日より毎週土曜日 26:08~
  • テレビ東京:4月11日より毎週日曜日 25:35~
  • テレビ愛知:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • テレビ北海道:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • TVQ九州放送:4月11日より毎週日曜日26:35~
  • BS朝日::4月18日より毎週日曜日23:00~
  • AT-X::4月12日より毎週日曜日21:30~
  • 山陰中央テレビ:4月14日より毎週水曜日25:35~
  • 琉球朝日放送:4月15日より毎週木曜日26:15~
  • RKK熊本放送:4月23日より毎金日曜日26:25~

【主題歌】

  • OP:「Cry Baby」/ 歌:Official髭男dism
  • ED:「ここで息をして」/ 歌:eill

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事