「東京卍リベンジャーズ」第121話ネタバレ【タケミチは再び過去へ…】

5 min 2,378 views

「東京卍リベンジャーズ」は、和久井健さんが週刊少年マガジンで2017年3月から連載している漫画です。

これまでのヤンキー漫画ではなかった、SFの要素が合わさった作風が特徴。

2021年4月から「東京リベンジャーズ」のタイトルでテレビアニメも始まる話題作です。

さらには、北村匠海さんや山田裕貴さん、今田美桜さんなどを起用した実写映画も公開されます!

そんな、「東京卍リベンジャーズ」の第121話【Last but not least】のネタバレ・感想記事です。

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓

第120話全話一覧第122話

前話(120話)のあらすじ

過去の千冬が雨の中歩いていると、雨の中叫んでいるタケミチを見つけます。

千冬がタケミチに声をかけると、タケミチは「修行中」と言ってタイヤを殴り続けます。

一連の言葉で千冬は、タケミチが過去に戻ってきたと気付き、悲惨な未来を知らされます。

解決策がわからず混乱するタケミチに、千冬はマイキーに全力でぶつかると宣言。

その言葉にタケミチの目には光が戻ったのでした。

前話のポイント
  • タケミチは過去に帰る
  • 未来を変えるため雨のなか特訓を続ける
  • 千冬はタケミチから解決策が分からない悲惨な未来を聞く
  • 混乱するタケミチにマイキーにぶつかれる存在になるべきと伝える
  • タケミチの目に光が戻る

東京卍リベンジャーズ第121話「Last but not least」ネタバレ

タケミチの復讐

雨が止んだ時、冷静さを取り戻したタケミチは千冬に感謝の言葉を返します。

マイキーの異次元の強さに、自分とは世界が違うと感じていたタケミチ。

そんな考えをしていた自分に後悔していました。

そして自分はマイキーに何もできないのではなく、マイキーを仲間として全力で支えたいと考えます。

さらにタケミチは、「苦しみだけだった」と感想を漏らして悩み続けていたマイキーを助けたいと決意。

もしマイキーが間違えていたら、真剣にぶつかりマイキーと対等でいいたいと希望します。

そして雨上がりの夕日が刺す中、タケミチは立ち上がり千冬に告げます。

「自分は東京卍會の1番になるまで未来に帰らない」と…。

そんな言葉を述べたタケミチには、迷いの顔はありませんでした。

真剣な顔で前を見ながら、「これが自分の復讐だ」と自分に言い聞かせるように決意します。

そうして前へ歩き出したタケミチ。

千冬はそのタケミチを優しそうな顔で見て、一緒についていくと言ったのでした。

解決の糸口

その後、タケミチと千冬は雨で濡れた体を温めに銭湯に行きます。

そこで千冬は、今後タケミチがどう行動するのか相談を始めました。

タケミチは少し考えて、抗争が起こって欲しいと希望します。

そこで手柄を立てて一気に東京卍會の1番になりたいと考えます。

それに対して、「不謹慎」との感想を漏らす千冬。

タケミチはそれを聞いて、自分の考えが単純だったと恥ずかしそうに言いながら風呂に入りました。

その後タケミチは、マイキーの変わった理由を千冬に問います。

千冬も同じことに疑問を持ちながら、「マイキーの心の闇が深かったのでは?」と返事をします。

またマイキーが変わってしまった理由を考えたタケミチ。

変わった理由が稀咲なのではと予想します。

千冬はそんな事はないと否定します。

「あんなクズは関係ない」と答えます。

しかしタケミチは、稀咲の東京卍會脱退がマイキー変化の鍵だと感じています。

千冬も、そのタケミチの推理に真剣な顔をします。

そして稀咲が、マイキー変化のヒントを知っている可能性について否定しません。

新たな敵

その頃、横浜では天竺という名前が記載されている特攻服を着た人物が登場。

そして、だるそうにしているその人物の後ろには、稀咲と半間がいました。

その人物の名は、黒川イザナと言う名の天竺リーダー。

振り返って稀咲が、自分のグループに入る理由を聞きます。

すると稀咲は「俺なりの復讐だ」、と答えました。

イザナはそれを聞いて少し嬉しそうな顔を見せたのです。

東京卍リベンジャーズ第121話「Last but not least」の感想と考察

新たな展開が始まった回です。

マイキーを救う決意をしたタケミチですが、具体的にはまだ把握できていません。

しかし予想通り、稀咲は天竺というグループに入隊して新たな思惑を企んでいます。

稀咲の考える復讐が何への物か分かりませんが、悲惨な未来に直結する内容に感じます。

その稀咲の思惑が、どんな事件をおこすのか注目です。

第121話のまとめ
  • タケミチはマイキーを支えて本気でぶつかる決意をする
  • そして東京卍會の一番になるまで未来へ戻らないと宣言する
  • 銭湯でタケミチと千冬は相談
  • 稀咲がマイキー変化の鍵だと改めて考える
  • 稀咲は横浜の暴走族天竺に入隊する

マンが第121話は、マンガの14巻に収録

引用:Amazon

今回紹介した「第121話」は、単行本の「第14巻」に収録されていますよ。

単行本第14巻には、「第117話~第125話」まで収録されています。

「第121話」の続きを読みたい方は、単行本「第14巻」から手に取ってみてください!

第14巻:目次
  • 第117話「Last order」
  • 第118話「Life comes and goes」
  • 第119話「Too late to be sorry」
  • 第120話「Can take it」
  • 第121話「Last but not least」
  • 第122話「Twin to dragon」
  • 第123話「You’re not my type」
  • 第124話「When it rains,it pours」
  • 第125話「Brother in arms」

「東京卍リベンジャーズ」アニメ第1期が2021年4月から放送!

引用:YouTube

「東京卍リベンジャーズ」がついにテレビアニメで放送することが決定しましたね!

アニメ化を待っていた方も多いのではないでしょうか⁉
かく言う、私もその内の一人です!

原作マンガとアニメでは、ストーリーにどんな違いが出るのかも楽しみの一つですよね。

ここでは、アニメに関する情報を紹介したいと思います。

アニメ情報

【放送スケジュール】

  • MBS毎日放送:4月10日より毎週土曜日 26:08~
  • テレビ東京:4月11日より毎週日曜日 25:35~
  • テレビ愛知:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • テレビ北海道:4月11日より毎週日曜日25:35~
  • TVQ九州放送:4月11日より毎週日曜日26:35~
  • BS朝日::4月18日より毎週日曜日23:00~
  • AT-X::4月12日より毎週日曜日21:30~
  • 山陰中央テレビ:4月14日より毎週水曜日25:35~
  • 琉球朝日放送:4月15日より毎週木曜日26:15~
  • RKK熊本放送:4月23日より毎金日曜日26:25~

【主題歌】

  • OP:「Cry Baby」/ 歌:Official髭男dism
  • ED:「ここで息をして」/ 歌:eill

U-NEXTを使えばマンガを無料で読める!

結論からお伝えすると、U-NEXTの無料体験を利用すれば単行本を数冊無料で読むことができます。

初めての方だけですが、31日間のお試し無料キャンペーンを利用して登録すると、600ポイント貰えます。

そのポイントを利用してマンガを購入すれば、実質0円で読むことができるというわけです。

その他、VOD(動画配信サービス)なのでアニメや映画、ドラマなどを見放題で楽しむことができますよ。

ポイントを使わなくても読める無料マンガも配信しているので、試したことない方はぜひ試してみてください!

月額料金1,990円(税抜)
無料期間31日間
ポイント登録時:600ポイント
翌月以降:1,200ポイント
備 考・20万本の動画が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・一つのアカウントで最大4人まで共有可能

マンガだけでなく、アニメやドラマ、映画まで楽しみたい方におすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【U-NEXT以外】お得にマンガを読む方法

「U-NEXTの無料体験を試してしまった。。。」という方も多いでしょう。

マンガ以外にもアニメや映画、ドラマなど数多くのエンタメが楽しめますからね。

そんな方に朗報です!!

意外と知られていない⁉ ポイントでお得に利用できるサービスを紹介したいと思います。

FODプレミアム毎月8の付く日に400ポイント貰える
(8日、18日、28日→合計1,200ポイントゲット!
マンガ約3冊分が無料で読める
詳しく!
コミック.jp 30日間無料で試せるキャンペーン中
また、無料期間中に1,000円分のポイントが貰える!
マンガ約2冊分が無料で読める
詳しく!
music.jp30日間無料で試せるキャンペーン中
動画に使える1,000ptとマンガに使える600ptが貰える!
マンガ約1冊分が無料で読める
詳しく!
ebookjapan初めて利用する人限定で50%OFFクーポンが貰える詳しく!
BookLive新規会員登録で50%OFFクーポンが貰える 詳しく!
まんが王国新規会員登録で半額クーポンが貰える! 詳しく!

まだ、お試しをしていない方は試さないと絶対に損ですよ!

バックナンバーから最新巻までの単行本をお得に読めるので、ぜひお試しください。

≪前話全話一覧次話≫

関連記事